腹水 原因 症状 対処法 治療法

腹水が原因の症状、対処法による治療法

スポンサーリンク

【腹水で体重増加!癌が原因の事も】
一般的に腹水は、少量なら自覚症状がないためすぐにきづく事はできませんが、一定の量を超えてくると、お腹の飽満間や息苦しさ、見た目にもお腹がぽっこりとしてくるなどの腹水が原因の症状が出てくるため、何だかいつもと違うなという間隔が出てきます。
腹水が原因の症状がでてきた場合、腹水がうたがわれるため、あらゆる疾患が原因となっている可能性が高い事も考慮すると、早めに医師の診察を受ける事が大切です。

 

癌の症状や進行具合で腹水が貯まるケースがあります。
この場合、体重増加などの症状もありますが、単純に腹水で体重増加が起こっているのが原因となっています。
放置しておくと、患っている疾患も悪化させてしまう事になるため、体重増加などの傾向が見られたら早めに医師に相談をする事が大切です。

 

 

【腹水の原因は多数】
腹水が原因の症状が引き起こされる多くは、臓器の疾患です。
腎臓や肝臓、膵臓などの疾患が腹水が原因の症状で引き起こされている事が多く、腹水になるとかなり症状が悪化してきているケースが多いため症状が出てきたら十分に注意をする事が大切です。
中には、肝臓癌や膵臓癌など重篤な病気が腹水が原因の症状による事もあるため、特に体重増加など腹水の症状が疑われる場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。
以下に、腹水の原因となる症状を挙げていきます。

 

 

 

1 腹水の原因となる肝臓癌

 

癌が原因となっている場合、体重増加も現れます。
これは単純に水分が増えた事で体重増加が起こっているので、水を体内から外に排出するためのドレナージュなどの治療を行う事が必要です。
また、癌の中でも膵臓癌や肝臓癌の場合水が溜まりだす事が多いため、これらの病気を患っている場合は、日ごろから体の変化に十分に注意をしておくことが必要です。

 

様々な理由から、腹水が原因の症状が出てきますが、多くの場合早めに発見してもととなっている疾患の治療を行う事で、水が溜まるのを防ぐ事ができます。
しかし、腹水が原因の症状が悪化してくると、どうしても出てくる症状のため、治療しているからという理由で過信せずに、少しでも異変を感じたらすばやく医師に相談する事がおすすめです。

 

 

 

2 腹水の原因となる腎臓病

 

 

腎臓病が原因で腹水の症状が出ている場合、慢性腎不全の可能性が高くなります。
特に、腎不全となるとかかっている病気自体重いものになるため、腹水の症状が出たイコールもう長くないのではとあきらめてしまう人も多いようですが、症状が出てもしっかりとケアをしていけば時期に症状が緩和されていく事もあります。

 

腹水の場合、体の外に水分を排出したからといって完璧に症状が治まるという訳ではありませんが、何度か処置を行う事で痛みや苦しさから解放される事ができるので、大切なのは症状を軽くするための適切な処置をしっかり行う事といえます。

 

腎臓や肝臓、膵臓と言った臓器が原因となって出る症状が腹水です。
腎臓などの疾患が原因の場合、長い間治療を行っているという人も多くなっていますが、大切なのは、元の病気を完治させる事のため、症状を少しでも和らげながらしっかりと治療を行う事が大切です。

 

 

3 腹水の原因となるネフローゼ症候群
ネフローゼ症候群も、腎不全と同じように、血管の外に水分が排出されてしまい、腹水の症状を
引き起こす事があります。

 

ネフローゼ症候群の原因となる症状は、尿から過剰なタンパクが出て血液中タンパク質濃度が低下して、低タンパク血症となる肝臓疾患です。
ネフローゼ症候群の原因となる症状は、血管外に水分と塩分が増加されて、むくみが生じるのに繋がっていくとともに、血液中のコレステロールも増加してしまい、血管症や感染症などの合併の可能性も生まれる厄介な病気です。

 

ネフローゼ症候群の原因となる症状には、肝臓が原因のものもあれば、全身性の病気であるからこそタンパクが尿から出てしまうものもあります。
肝臓が原因の場合は糸球体基底膜の機能低下の可能性が高いです。

 

ネフローゼ症候群を原因とする症状の特徴としては足や全身のむくみ、尿の泡立ち、体重増加などです。
ネフローゼ症候群を原因とする症状は、日常生活では気付かないことも少なくなく、健康診断ではじめて分かる場合も多々あります。

 

ネフローゼ症候群は基本的に入院治療が必要な病気であり、むくみのない状態に戻すためにはしっかり意識しないといけない点です。

 

スポンサーリンク

 

【腹水の症状と自宅療養】
腹水がでる状況として、内臓系の疾患や癌など重篤な病気を抱えているケースがあります。
この場合、長期で入院をしている事もありますが、自宅療養を選んで治療を続けているケースもあります。
この場合、腹水の症状がある患者への注意点はあるのでしょうか。

 

 

【腹水の治療】
主に腹水の対処法となる治療法の場合、体内に溜まった水を体の外に排出させる必要があるため、ドレナージュといった処置を行います。
この腹水の対処法となる治療法では、少しずつ水を外に排出必要があるため、医師に付き添ってもらい治療をしますが、自宅療養をしている場合、医師の診察をうけて機械の搬入などが必要となります。
腹水の症状で苦しそうにしている、お腹の圧迫感がひどくなっているなど、目に見える症状がある場合は、事前に報告をしておくなどの対応も必要となります。

 

 

【家族の注意点】
一緒に生活している家族も、腹水の対処法として、療養中の患者への注意が必要です。
特にお腹に水が溜まり始めると、腹水の対処法として、便秘や尿量が減少するなどの症状が目に見えてあります。
また、腹水の対処法として、体重増加もその一つで注意点としてチェックしておくことが必要です。

 

 

【自宅療養での注意点】
腹水の対処法として、自宅療養の場合、いつでも家族の目に見えるところで介護を行う事も大切です。
いつもと違う表情をしていないか、トイレの状況や毎日の薬の摂取法などを細かくチェックして、目を光らせておくことも大切な注意点のひとつといえます。

 

腹水の対処法となる治療法は、原因となっている病気の治療と一緒におこなっていきます。
多くの場合、かなり悪化した時にでる症状のひとつでもありますが、ケア方法や注意点をチェックしていれば、自宅療養になったときでも、協力しあってケアを行っていく事ができます。
腹水の対処法として、病気に対する知識を持っていると、いざ一緒に治療を行うとなっても大きな力となるため、知らない事は積極的に調べていくことも大切です。

 

 

【違う方法として、アルブミン製剤とラシックスを使う事も】
上記とは別の方法で、腹水の対処法となる治療法を行う時には、アルブミン製剤とラシックスはセットで用いられる事がほとんどです。
アルブミン製剤は、肝臓で作られるタンパク質アルブミンが不足している時に使用する薬ですが、このアルブミンが不足する事で血管内の浸透圧が低下してしまうため、腹水や浮腫の原因となっている事があります。
そのため不足しているアルブミンを補うために、アルブミン製剤の投与を行います。

 

その後、水分を体の外へ排出する必要があるため、利尿作用を促す薬ラシックスを使用します。
ラシックスだけの使用では、うまく水分を外に出す事ができないため、アルブミン製剤とセットで使用すると効果的です。

 

 

【セットで使用する事で効果アップ】
どんなに単独でラシックスを使用していても、アルブミンが足りていないと、水分を外に出す効果は得られません。
その為、アルブミン製剤で血管内の水分を補充しラシックスで体の外へ排出するというセット使用がより効果的というわけです。
ひとつの薬では効果が少なくても、セットで使用する事でより効果をアップさせる事ができます。
日ごろからよく観察をして医師に相談する事も大切です。

スポンサーリンク