肝臓癌 腫瘍 大きさ 注意点

大きさに注目!肝臓癌の腫瘍をチェックする注意点は?

スポンサーリンク

肝臓は沈黙の臓器、と言われるように、肝臓癌による腫瘍が発生しても自覚症状が表れにくい特徴があります。
肝臓癌の進行度は腫瘍の大きさによって予測できると言われていますが、それはどの程度まで正確なのでしょうか。
腫瘍の大きさとの関係と肝臓癌のケアの注意点についてまとめました。

 

 

【肝臓癌の大きさがわかりにくい理由とケアの注意点】
肝臓は古くから沈黙の臓器と言われています。
それは、肝臓癌による腫瘍が発生しても自覚症状が表れにくく、腫瘍の大きさがかなり目立つようになってはじめて具体的な症状に気づいて病院に駆け込むというパターンが少なくないようです。
発見がしばしば遅れることから肝臓癌は癌のなかでもきわめて予後が悪いことで有名であり、腫瘍の大きさがまだちいさく転移も見られない1期でも治療後の5年生存率は50%と低い水準になっています。

 

大きさも未成熟で見つけにくい肝臓癌をできるだけ早期に治療するための注意点としては、定期的に健康診断を受けることが挙げられます。
癌の大きさがまだそれほどではないからといって油断できない部位ですので、若く健康なうちから定期的に内臓の検査を受け、万一腫瘍が見つかった場合の注意点を把握しておくのも大切なポイントです。

 

スポンサーリンク

 

【前兆を見逃さないことが大切な注意点!癌を悪化させないために】
肝臓がんだけでなく、あらゆる癌を治療するためのポイントは早期発見です。
そして、癌を注意するために忘れてはならない注意点は、どんなにわずかな前兆でも決して見逃さず、少しでも違和感があればその時点でただちに病院に行くことです。

 

検査を受けるにあたっての注意点は、担当の医師に違和感の内容についてできるだけ具体的に、自分の言葉で伝えることです。
悪性のものを癌とよんでいるのであり、精密検査の結果良性腫瘍と診断されればあえて切除しない道が選ばれることもあります。

 

肝臓がんになりにくくするための注意点は、肝臓に負担をかけない暮らしを心がけることです。
自覚症状の出にくい臓器のため、健康なうちからこまめに検診を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク