肝臓癌 年齢 関係

肝臓癌にもなりやすい年代や年齢は関係あるのか

スポンサーリンク

肝臓癌になってしまう原因の一つに年齢は関係してくるのでしょうか、具体的な年齢や、若い年齢でもかかってしまう食生活との関係についてお話しします。

 

 

【肝臓癌になりやすい年齢】
男女関係なく中高年以上の世代に多く発症するのが肝臓癌です。
男性は40代から、女性は50代から増えます。
肝臓癌の発症する年齢の平均は60代前半なのですが、C型肝炎よりB型肝炎の方が進行が早いと言われています。
肝炎になったからといってすぐに肝臓癌になるわけではありません。
例えば、20代から30代くらいで感染したとしても発症するのは60代後半という場合が多いです。

 

 

【10代で肝臓癌になってしまうことも・・?】
10代の肝臓癌は症状で発見出来ることがほとんどです。
その多くは腹部のしこりや膨らみ、急な痛みが出る場合もありますが、食欲不振、嘔吐といった症状が出るため検査で発見できます。
検査方法は成人と同じようにMRI、超音波や血液検査、肝機能検査などで行います。

 

スポンサーリンク

 

【若い年齢で肝臓癌になってしまう原因や食べ物による関係性は?】
年代との関係はなく、原因の多くは食生活です。
加工食品や糖分の高い食事はリスクが高くなります。
お酒や塩分の多い物、野菜不足など原因は身近にあります。

 

 

【予防方法】
肝臓癌はB型、C型肝炎ウイルスの感染が主な原因の一つです。
その為ウイルスにかからないことが大切です。
例えば他人の血液が付いている物には触れないこと、特にカミソリや歯ブラシなどです。

 

 

【対処法の注意点】
対処法としては薬を塗ったり飲んだりする事や冷やすこととありますが、逆効果の場合もありますので冷やすのはやめて下さい。
症状が出たら早めに受診して下さい。

 

癌には年齢関係なくかかってしまうことがわかりました。
年齢の多くは中高年に多いですが、若いからと言ってかからないことはありません。
食生活などの日頃の生活に関係していることから、食生活には気を遣って過ごすことが予防となり大切です。

スポンサーリンク