肝臓癌 黄疸 末期症状

肝臓癌の末期症状の特徴のひとつである黄疸とは

スポンサーリンク

肝臓は物言わぬ臓器のひとつであり、全く自覚症状がないままに肝臓癌が進行してしまうことがあります。
病気の進行とともに末期症状でも顕著となる黄疸の原因や治療法、緩和ケアなどについて説明します。

 

 

【肝臓癌でみられる症状】
沈黙の臓器といわれる肝臓の疾患として代表的な癌は、自覚症状がないことでも知られていますが、進行期の症状や末期症状としてみられるものとして黄疸があります。
皮膚の色だけでなく白目や尿の色なども黄色く濁るようになるもので、胆管近くの病気特有の症状と言えます。

 

 

【肝臓癌で黄疸が起こる理由とは】
肝臓の幹細胞は、消化液の一種である胆汁を作って胆のうに送り、凝縮されたものが十二指腸に排出されます。
癌が進行して末期症状となると、肝機能が著しく低下するため胆汁が肝臓から排出されなくなります。
このような状態になると黄色い色素であるビルリビンという色素が増加して黄疸になると考えられています。

 

 

【肝臓癌以外にもみられる症状】
黄疸は、肝臓癌の末期症状だけでなく、すい臓癌、胆石などの病気や先天的にビルリビンを処理できない体質が原因で起こることもあります。
皮膚や白目に黄色い濁りがみられた場合は、確定診断をするために、早期に病院を受診することが必要となります。

 

スポンサーリンク

 

【黄疸の治療法とは】
肝臓癌で黄疸の症状がみられる場合は、かなり病状が進行しており、末期症状の表れであることも考えられます。
現時点での根本的な治療法は見つかっておらず、根本原因である癌の治療が最優先となります。

 

 

【肝臓癌の末期症状】
肝臓に生じる癌は小さいうちはほとんど自覚症状がなく、知らないままに肝臓をむしばむものです。
体重の減少や強い黄疸の症状、腹水による腹部膨張感なども末期症状の特徴として知られています。
肝臓の自己修復に関する機能が著しく低下し、深刻な状態となります。

 

 

【末期症状となった際の治療】
最終段階を迎えた肝臓癌では、外科手術を行うことができないため、抗がん剤による化学療法や放射線療法などの緩和ケアが治療のメインとなります。
自覚症状がなく発見が遅れることが多いために手遅れとなる可能性が高くなるため、原因のひとつと言われている肝炎ウイルスの検査を定期的に受けておくことが大切です。

 

不快感や痛みなどの体の不調から病気を発見することが難しい肝臓癌は、徐々に、そして確実に肝臓をむしばむものであり、強い黄疸や体重の減少がみられる場合は、末期症状であるともいわれています。
日頃から肝炎ウイルスの検査などを受けておくことが大切です。

スポンサーリンク