肝臓癌 術後 食事

肝臓癌の術後の食事につて

スポンサーリンク

日頃の生活習慣や食生活などが乱れた状態が続くと、大病に繋がる可能性がありますので注意が必要です。
肝臓癌もその1つであり、手術後の食事に注意する必要があります。

 

 

【肝臓癌の術後の食事で気をつける点について】
肝臓癌の手術では、術後の食事や食生活に注意する必要があります。
これから手術を予定している方の中には、術後の食事について心配している方も多いはずです。
肝臓癌を治療するために肝切除術を受けた場合、実際に切除した部分がそんなに大きくない時は、2〜3日程度経過すれば口からの食事が可能になります。

 

しかし、切除した部分が大きい方は消化器系の機能が低下していますので、口から食事できるまで時間がかかる場合があります。
肝臓癌切除手術の場合、肝臓の再生を少しでも早くするためにも、できるだけ口から食事を摂取するのが望ましいです。

 

点滴では水分の量が増えてしまいますので、体の中に余分な水分が溜まってしまいます。
さらに肝硬変になると、糖の代謝機能も低下してしまいますので、高血糖のリスクが高まります。
術後の食事については、担当医としっかり話をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌手術をした後の術後の嗜好品について】
肝臓癌の手術をする場合、今まで摂取していた嗜好品が気になる人もいるはずです。
肝臓の病気と聞くと、アルコールが悪いうイメージがありますが、術後は飲むことができるのでしょうか?
もともとアルコールが好きな人はとても気になる事項かと思いますが、お酒については特に問題はありません。
切除残の肝機能が正常であれば、適量のアルコールであれば問題なく楽しむことができます。

 

しかし、慢性肝炎の方は、肝臓癌が再発してしまう可能性がありますので、できれば禁酒をオススメします。
食については以上の点に注意してください。
肝臓癌の手術をした後の、食事について気になる人もいると思います。
肝切除術を受けた場合、その切除した部分が大きくなければ、術後は口からの摂取も可能です。
しかし、嗜好品には注意が必要です。

スポンサーリンク