肝臓癌 吐血 余命

肝臓癌にみられる吐血症状と余命について

スポンサーリンク

沈黙の臓器といわれる肝臓は、脂肪肝や肝炎などと似た症状で放置する可能性が高い肝臓癌を発症することもあります。
吐血や下血の症状がみられることがありますが、自覚症状があって受診してからの余命は決して長いものではありません。

 

 

【自覚症状のない肝臓癌】
肝細胞に生じる癌は、初期の段階では自覚症状がなく、脂肪肝や肝炎によく似た症状であるため、なかなか発見することが難しいとされています。
いきなり吐血や下血、激しい痛みなどがないため、放置したまま気づかず、受診した時にはかなり進行しており、余命が短いことも多くなる病気のひとつです。

 

 

【肝臓癌の原因と発症】
肝臓に生じる癌の主な原因は、肝炎ウイルスであると言われています。
なかでもC型肝炎ウイルスによるものが多く、ウイルス性慢性肝炎などの疾患から、肝硬変を経て癌になることが多いようです。
長い時には30年ほどをかけてゆっくりと進行するため、吐血などの症状がみられないとなかなか自分で気づくことができないものです。

 

 

【肝臓癌の初期症状】
早期発見、早期治療はどんな癌にも有効ですが、自覚症状がほとんどない肝細胞に生じる癌は、初期症状に気づけるかどうかが早期治療の鍵となります。
食欲不振や倦怠感は肝臓の疾患に多くみられる症状です、また、肝細胞が破壊されることで血小板が減少するため、出血時に違となりにくくなることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌にみられる吐血症状】
欠陥が圧迫されて、本来肝臓に流れるはずの血液が胃や食道などの静脈に送られることによって、静脈瘤が破裂することがあります。
これによって吐血や下血が起こるようになります。
吐血症状がみられた際には、かなり進行していることが疑われます。

 

 

【肝臓癌の余命】
ほとんどの癌はステージTの生存率は高いと言われていますが、肝臓癌の場合は、たとえステージTの状態であっても、約半数にあたる56%の方が余命5年を切ると言われています。
発症後5年生存率が低く、診断を受けてからの余命が短い病気としても有名です。

 

 

【余命を延ばすためには】
余命5年を切ることがほとんどとなる肝臓癌は、発見された時点で肝臓にかなりのダメージを受けているため、効果的な回復が見込めないことが多くなります。
発見されたときには、既に緩和ケアしかできないことが多いため、余命を延ばすためには、原因となる肝炎ウイルスを定期的に受診しておくことが必要となります。

 

顕著な自覚症状が少ないことから、見逃してしまいがちな肝臓癌は、肝炎ウイルスを原因として発症することが多く、吐血や下血、体重減少などがみられてから受診しても、余命が短いことで知られています。
定期的な肝炎ウイルスの検査を受診しておくことが大切です。

スポンサーリンク