肝臓癌 腫瘍マーカー 数値

腫瘍マーカーの数値で肝臓癌を判断できます

スポンサーリンク

肝臓癌は命にかかわる病気ですので、症状がある時は早めに対処する必要があります。
この肝臓癌をチェックする方法の1つが腫瘍マーカーであり、検査数値によって肝臓癌の可能性を探ることができます。
ここでは肝臓癌の腫瘍マーカーを紹介します。

 

 

【肝臓癌の症状を判断する腫瘍マーカーについて】
肝臓癌で命を落とす人も多く、そうならないためにも事前検査が大切です。
ガンの検査は色々ありますが、その中の1つが腫瘍マーカーです。
腫瘍マーカーというのはガン検査の1つであり、体内にガン腫瘍ができると特殊な物質がたくさん生成されます。
この物質が大量に作られて血液中に出現しますが、この特徴を応用した血液検査です。

 

人間ドックの検査結果でも良く見かけますが、腫瘍マーカーの種類や基準値などをしっかり把握しておくことが大切です。
この内容を把握して、初めてガン判断ができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

【マーカーの数値に注意してください】
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、自覚症状を感じにくい臓器でもあります。
ですので、気づいた時はかなりステージが進行していることがあります。
そのようなこともあり、できるだけ早めに対処する必要があります。

 

また、肝臓は化学工場という別称もありますが、それほど化学反応が盛んに行われている臓器でもあります。
臓器は2500億個以上もの細胞で構成されており、そのひとつひとつに多くの化学反応が起こっています。
そこで役立つのが腫瘍マーカーです。
気になる基準値ですが、数値の基準値は200ng/ml以下とされています。

 

また、腫瘍マーカーの数値が200〜400ng/mlであれば、肝臓癌の可能性が高くなります。
数値が400〜1000ng/mlになると、その可能性はさらに高まります。
肝臓癌を判断する方法として腫瘍マーカーがあります。
マーカーの数値によって肝臓癌を判断できますが、その内容を理解しておく必要があります。
マーカーには基準数値がありますので、この数値を基にしてみることが大切です。

スポンサーリンク