肝臓癌 血尿 原因

血尿も肝臓癌の1つの原因です

スポンサーリンク

肝臓には様々な機能があり、生命活動にはなくてはならない存在です。
この肝臓が病に侵されてしまうと、肝硬変や肝臓癌などの病気になってしまいます。
その中でも肝臓癌は生命にかかわる病気ですので、できるだけ早めに対処する必要があります。

 

 

【肝臓癌と血尿について】
肝臓は自覚症状がないことから、なかなかその症状に気づかない人も少なくありません。
患者さんの中には、血尿などを見て急いで病気に駆けつける人もいるようです。
肝臓癌はその原因を突き止めて、早めに対処することが大切です。

 

しかし、自覚症状を感じる人が少ないので、見過ごしてしまうことも多いです。
そういう時に判断材料になるのが血尿です。
前述のように肝臓癌の初期は自覚症状がほとんどありませんが、血尿が現われることがあります。
ですので、この血に混じった尿を肝臓癌の原因としてとらえ、診察を受けてみるといいでしょう。

 

病院では、尿に悪性細胞があるかどうかの細胞診や、正検、膀胱鏡検査、リンパ管造影検査などを行います。

 

スポンサーリンク

 

【原因を追求して早めに対処する必要があります】
肝臓癌は早期発見が難しい病気と言われていますが、尿である程度判断できます。
前述のように、肝臓癌の初期では、痛みや頻尿のない血尿が現われます。
尿の中の約75%に、肉眼でもわかるような血尿がみられ、また、顕微鏡的尿を含めた場合、血尿は必ず出てくる症状と言えます。

 

そのため、原因の1つとしても認識されています。
この症状が進行すると、排尿障害、排尿痛、膀胱部などに痛みを生じ、頻尿などが多くなります。
そしてその症状がさらに進行してしまうと、貧血や全身衰弱などを引き起こします。

 

このように肝臓癌は血尿でチェックできますので、早めに治療を受けることが大切です。
他にも様々な原因がありますが、まずは尿に注目してみるといいでしょう。
肝臓のガンはその原因追求が大切ですが、その原因の1つに血尿があります。
これは肉眼でもわかりますので、少しでも異常がある時は早めに対処してください。
また、気になる方は専門医に診察してもらいましょう。

スポンサーリンク