肝臓癌 カテーテル 抗がん剤 効果

肝臓癌のカテーテル治療!抗がん剤の効果は?

スポンサーリンク

ステージの進んだ肝臓癌では、カテーテルによる抗がん剤治療が標準選択になる場合があります。
カテーテルとは果たしてどのようなもので、具体的にどの程度の効果があるのでしょうか。
肝臓癌でなぜカテーテル治療が選択されるのか、医学的な根拠をまじえて解説します。

 

 

【肝臓癌を早く治す!カテーテルによる抗がん剤治療の効果とメリット】
肝臓癌で行われるカテーテル治療とは、太ももに細いチューブを通し、そのチューブから直接抗がん剤を注入する治療法です。
外科的アプローチの選択肢がなくなった重度の肝臓癌などに対し積極的に適用され、実際に治療効果も確認されています。

 

カテーテル治療のメリットとしては、抗がん剤が直接血管に注入されるため短時間で効果が表れ、少ない薬の量でも一定の治療効果が期待できる点にあります。
もちろん、抗がん剤治療であることに変わりはないため副作用のリスクはありますが、副作用以上に薬としての効果が期待できる場合には、現在もなおカテーテル治療が標準の選択肢となっています。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌以外にも効果あり!抗がん剤のカテーテル治療前の注意点】
肝臓癌にかぎらず、カテーテルによる抗がん剤治療の前日は原則として絶食となり、水以外のものを口に入れてはいけません。
太もも以外の部位からチューブを挿入する場合は、その部分の剃毛が行われることがあります。
治療後も抗がん剤の成分は体に残っているため、当面の間は異性との性的な接触をさけなくてはなりません。
数回の治療で思わしい効果が得られなかったり、肝臓癌がむしろ大きくなっている場合にはそれ以外の治療法が検討されることになります。

 

あらゆる癌に対して、抗がん剤治療が本当の意味で有効なのかどうかは議論が分かれるところです。
しかしながら現時点では、少しでも効果のあると思われる治療法を積極的に試すスタンスが癌の早期治療につながると考えられています。
沈黙の臓器とよばれる肝臓を健康に保つためには定期的な検診と、異常が見つかった場合の早期治療がポイントです。

スポンサーリンク