腹水 呼吸困難 関係

腹水で呼吸困難にも!関係性を知って用心しよう!

スポンサーリンク

様々な病気が要因となっておこる腹水の症状ですが、悪化すると、呼吸困難などを引き起こす事もあります。
腹水によっておこる呼吸困難はどのような関係性で引き起こされるのでしょうか。

 

 

【腹水と呼吸困難の関係は?】
腹水がたまる病気の代表的なものは、肝臓やすい臓などの疾患がありますが、腎臓が原因で引き起こされる事もあります。
様々な疾患が原因となって、様々な症状の関係で引き起こされる腹水は、お腹の中の袋状の中に余分な水分が溜まってしまう事をいいます。

 

これがひどくなってくると、呼吸困難などを引き起こす可能性があるのですが、お腹に水が溜まって呼吸困難になるのか?という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
お腹に水が溜まる事で、徐々に肺も圧迫されてきてしまうという関係性があるため、呼吸困難などを引き起こすと言われています。

 

 

【腹水と呼吸困難の関係】
腹水は少量のうちなら、自覚症状もないため気づかないという人もいるほど、悪化してきたときに初めて気づく症状でもあります。
腹水が徐々に溜まりだしてくると、お腹のぽっこりはもちろん、胃を圧迫したり、横隔膜を刺激するなど、圧迫感が出てくるのが特徴です。
肺も同様に、横隔膜が圧迫される事で、その上にある胸腔が狭くなることで、肺を広げる筋肉が正常に機能しなくなり、呼吸困難を引き起こすと言われています。

 

スポンサーリンク

 

【症状を改善する方法】
様々な症状には、原因になっている疾患と密接な因果関係がありますが、原因となっている疾患を改善していく事が一番の治療方法ともいえます。

 

しかし、腹水などの症状が出ている場合は、呼吸がしづらくなるなどの症状が引き起こされてしまうため、腹部に針を刺してお腹に溜まった水を抜くという治療を行う必要があります。
ゆっくり時間をかけて行わないと、血圧が下がってしまいショックを引き起こしてしまう事もあるため、医師の診察をうけて、必要と判断された場合に 治療を行ってもらう事が大切です。

 

今抱えている病気を知っておくと、その後に引き起こされる可能性のある症状や関係性をある程度知っておくと、いざ症状が出てきたときにすぐに治療方針などを理解する事ができます。
そう考えても、自分の抱えている病気を知るという事が早期完治には大切な事のひとつともいえます。

スポンサーリンク