腹水 原因 不明 対処法

原因不明の腹水!その対処法とは

スポンサーリンク

腹水がたまる原因としては、様々な疾患が影響している事がほとんどですが、まれに、その疾患や水が溜まる原因がわからず不明のまま対処法などを試していく事があります。
原因不明の水が貯まってしまう原因はどのような事が考えられるのでしょうか。

 

 

【原因不明の腹水にきづいたら】
腹水が貯まる原因は、多くの場合腎臓や肝臓、心臓、膵臓など臓器の疾患によって引き起こされている事がほとんどですが、まれにいきなり水が貯まりだし、理由がわからないまま治療をしていかなければならない時があります。

 

この場合、様々な臓器の疾患を調べる事ももちろんですが、血液検査や、エコー検査など色々な検査を通しても原因不明のケースもあります。
この場合、水が溜まりすぎて圧迫感や呼吸困難を引き起こす事を防ぐためにも、お腹に針を刺して水を排出させる治療などでひとまず対処する事が多くなっています。

 

 

【対処法でしのいで疾患を突き止める】
腹水が貯まりだしている理由がわからない場合は、ひとまず水を排出して体内に貯めないような対処法を行いながら、原因となっている疾患を突き止める事が大切となります。

 

スポンサーリンク

 

【腹水が貯まった場合の対処法】
原因不明でも腹水が貯まっている場合、少量の場合は自覚症状も中々気づかないものですが、腹水だけの場合お腹の飽満間や圧迫感、胃痛や息苦しさなどを感じて病院を受診する人が多くなっています。
この場合、内臓などの疾患を疑い検査や様々な対処法を試してみますが、それでも理由が不明な場合は、腹水のケアを優先的に行う必要があります。

 

腹水を貯めないように、ある程度の量になったら外に排出するなどの対処法をとる事で、悪化していくのを防ぎ、理由を突き止めるための検査や経過観察を進める事ができます。
理由が不明だからといって、その状態を放置するわけにはいかないため、様々な対処法を試して、検査を進めていく事が必要です。
なるべく症状を緩和させながら、完治に向けての治療を進めていくようにしましょう。

スポンサーリンク