腹水 漢方薬 値段 効果

漢方薬でも腹水に効果あり?その値段や効果とは

スポンサーリンク

腹水の症状が出る場合、その多くが腎臓や肝臓など臓器の疾患から引き起こされていることがほとんどです。
まれに、原因が不明の腹水が起こる事もありますが、この場合もあらゆる状況を予想して検査をしてその原因となっている疾患を突き止める事が重要となります。
医学の力と漢方薬を合わせて、治療を行う事もありますが、きになるのが、その効果と値段です。
実際に治療に漢方薬でどれほどの効果が得られるのでしょうか。

 

 

【色々な薬】
腹水は、多くの場合他の疾患が悪化してというケースが多く、放置しておくと悪化して命に影響を及ぼしてしまう事もあるほど、危険な症状のひとつといえます。
治療を受けている途中で発見された場合、早めに治療を行う事ができますが、まれに腹水がたまり出してから初めて医者にかかるという事もあり、かなり病気が進行しているという事もあります。

 

とにかく腹水の治療で色々と試してみたいと思っている人の中には、漢方の使用を考えている人も多く、治療と並行して漢方薬をためしている人も多くなっています。

 

 

【漢方薬の効果】
では、漢方にどれくらいの効果があるのか、値段はいくらくらいかという点がきになるところです。
そもそも、腹水の治療に出される薬としては、利尿剤が多く服用期間も長くなる事があります。
それを考慮して、漢方薬に切り替える人も多く、利尿作用のある漢方薬を使用する事もあります。
早い人で、2週間から4週間で効果があるので、大切なのは自分の体質に合った薬を選ぶ事がおすすめです。
値段も様々なので、医師に相談して漢方の治療ができるかどうかを確認する事からはじめましょう。

 

スポンサーリンク

 

【気になる値段は】
漢方は値段が高いというイメージ通り、効果を期待して独自に漢方を入手して使用する場合は、保険適用がきかないため、値段がかなりの高額になります。
最近は保険適用される漢方が多くなっているため、保険適用の漢方を試してみるのがおすすめです。

 

注意したいのは、受診する医療機関選びです。
利用する病院で漢方薬の取り扱いがあるか事前に調べておかないと、漢方にあまり詳しくない医師もいるため、事前のリサーチが必要です。
漢方薬が腹水の治療に効果があるなら試してみる価値はありますが、気になる値段などを事前にリサーチしておくことも大切です。
また、受診する医療機関での漢方の取り扱いの有無や一般的な薬局で購入した場合の値段なども頭に入れておくと便利です。

スポンサーリンク