癌 腹水 体重増加 原因

腹水で体重増加!癌の症状と原因とは

スポンサーリンク

癌の症状や進行具合で腹水が貯まるケースがあります。
この場合、体重増加などの症状もありますが、単純に腹水で体重増加が起こっているのが原因となっています。
放置しておくと、患っている疾患も悪化させてしまう事になるため、体重増加などの傾向が見られたら早めに医師に相談をする事が大切です。

 

 

【腹水で体重増加!癌が原因の事も】
一般的に腹水は、少量なら自覚症状がないためすぐにきづく事はできませんが、一定の量を超えてくると、お腹の飽満間や息苦しさ、見た目にもお腹がぽっこりとしてくるなどの症状が出てくるため、何だかいつもと違うなという間隔が出てきます。
これらの症状がでてきた場合、腹水がうたがわれるため、あらゆる疾患が原因となっている可能性が高い事も考慮すると、早めに医師の診察を受ける事が大切です。

 

 

【腹水の原因は多数】
腹水が引き起こされる原因の多くは、臓器の疾患です。
腎臓や肝臓、膵臓などの疾患が原因で引き起こされている事が多く、腹水になるとかなり症状が悪化してきているケースが多いため症状が出てきたら十分に注意をする事が大切です。
中には、肝臓癌や膵臓癌など重篤な病気が原因となっている事もあるため、特に体重増加など腹水の症状が疑われる場合は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【癌が原因の場合】
癌が原因となっている場合、体重増加も現れます。
これは単純に水分が増えた事で体重増加が起こっているので、水を体内から外に排出するためのドレナージュなどの治療を行う事が必要です。

 

また、癌の中でも膵臓癌や肝臓癌の場合水が溜まりだす事が多いため、これらの病気を患っている場合は、日ごろから体の変化に十分に注意をしておくことが必要です。
様々な理由から、症状が出てきますが、多くの場合早めに発見してもととなっている疾患の治療を行う事で、水が溜まるのを防ぐ事ができます。

 

しかし、悪化してくると、どうしても出てくる症状のため、治療しているからという理由で過信せずに、少しでも異変を感じたらすばやく医師に相談する事がおすすめです。

スポンサーリンク