腹水 自宅療養 注意点

腹水がある時の自宅療養その注意点とは

スポンサーリンク

病気で通院中の場合など、腹水の症状があっても自宅療養を行う場合があります。
腹水が引き起こされている場合、自宅療養での注意点などをどのようなものでしょうか。

 

 

【腹水の症状と自宅療養】
腹水がでる状況として、内臓系の疾患や癌など重篤な病気を抱えているケースがあります。
この場合、長期で入院をしている事もありますが、自宅療養を選んで治療を続けているケースもあります。
この場合、腹水の症状がある患者への注意点はあるのでしょうか。

 

 

【腹水の治療】
主に腹水を治療する場合、体内に溜まった水を体の外に排出させる必要があるため、ドレナージュといった処置を行います。
少しずつ水を外に排出必要があるため、医師に付き添ってもらい治療をしますが、自宅療養をしている場合、医師の診察をうけて機械の搬入などが必要となります。
腹水の症状で苦しそうにしている、お腹の圧迫感がひどくなっているなど、目に見える症状がある場合は、事前に報告をしておくなどの対応も必要となります。

 

スポンサーリンク

 

【家族の注意点】
一緒に生活している家族も、療養中の患者への注意が必要です。
特にお腹に水が溜まり始めると、便秘や尿量が減少するなどの症状が目に見えてあります。
また、体重増加もその一つで注意点としてチェックしておくことが必要です。

 

 

【自宅療養での注意点】
自宅療養の場合、いつでも家族の目に見えるところで介護を行う事も大切です。
いつもと違う表情をしていないか、トイレの状況や毎日の薬の摂取法などを細かくチェックして、目を光らせておくことも大切な注意点のひとつといえます。

 

腹水の治療は、原因となっている病気の治療と一緒におこなっていきます。
多くの場合、かなり悪化した時にでる症状のひとつでもありますが、ケア方法や注意点をチェックしていれば、自宅療養になったときでも、協力しあってケアを行っていく事ができます。
病気に対する知識を持っていると、いざ一緒に治療を行うとなっても大きな力となるため、知らない事は積極的に調べていくことも大切です。

スポンサーリンク