肝臓癌 再発 余命

肝臓癌の再発リスクと平均余命

スポンサーリンク

自覚症状がないことからサイレントキラーともよばれている肝臓癌。
あらゆる癌のなかでも再発リスクが高く、なおかつ予後が悪いことでも知られています。
治療が難しいと言われる肝臓癌の再発原因と余命との関係についてまとめました。

 

 

【なぜ予後が悪い?肝臓癌がサイレントキラーとよばれる理由】
癌を治療した後の平均余命とも言われる5年生存率で見ても、肝臓癌は決して治療しやすい癌であるとは言えません。
それは、肝臓という臓器がもともと異常や異変に強い性質をもち、よほどのことがないかぎり自覚症状としてのサインを発しないことからも理解できます。
そのため、いったん自覚症状に気づいて精密検査を受けたとしても、その時にはもう癌があちこちに転移しており、再発リスクが非常に高まっている状態であることが多いのです。

 

しかしながら、肝臓癌だと診断されたからといって必ずしも余命が短くなるわけではなく、カテーテル治療などで根気よく癌を縮小させていけば完治させられる可能性もあり、早期に治療すれば再発をふせぐことも難しくはありません。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌の再発と余命を左右する?C型肝炎とB型肝炎】
肝臓癌がいきなり発生することはきわめてめずらしく、ほとんどの場合前駆症状としてC型肝炎やB型肝炎が隠されていることが知られています。
このうち、肝臓癌につながりやすいのは慢性化しやすいB型肝炎のほうで、原因となる肝炎ウイルスが体内に残っているかぎり何度でも再発しやすく、癌治療後の平均余命も残念ながら短い傾向にあります。
劇症化しやすいC型肝炎もまた肝臓癌の前駆症状であるケースが多く、治療が遅れるほど再発リスクが高く、平均余命がみじかくなる傾向にあります。

 

サイレントキラーと言われる肝臓がんの治療後の平均余命は、残念なことにあまり長くはありません。
肝炎症状から癌化した場合には再発リスクも高く、ごく初期であるステージ1の段階でもかなり治療が困難であると言われています。

スポンサーリンク