腎臓 腹水 余命

腎臓病で腹水がたまった場合の余命とは

スポンサーリンク

腎臓の疾患で腹水が溜り始めると余命が短いなどと良くききますが、実際に病気と腹水、その余命はどの程度参考にしていけばいいのでしょうか。

 

 

【腹水の症状は余命に直結するのか】
腎臓や肝臓などの疾患が原因で腹水の症状が出る事があります。
特に腎臓の疾患が原因となっている場合、慢性腎不全などの重篤な疾患を患っている可能性が高くなるため、放置しておくと悪化して余命宣告されるというイメージを持っている人も多いと思いますが、実は、症状イコール余命宣告という事ではありません。

 

 

【重い病気でなくても症状がでる事もある】
癌や重篤な疾患などで症状が出ると思っている人も多いようですが、実はそんなに重い疾患でなくても症状が出る事はあります。
また、末期がんなどの重篤な疾患であっても、症状が出たからと言ってすぐに余命宣告されるというわけではなく、治療を行う事で状態が回復するケースもあるため、腹水イコール余命が短いという考えは正しいとは言えないのが現状です。

 

スポンサーリンク

 

【腎臓が原因の場合】
腎臓病が原因で腹水の症状が出ている場合、慢性腎不全の可能性が高くなります。
特に、腎不全となるとかかっている病気自体重いものになるため、腹水の症状が出たイコールもう長くないのではとあきらめてしまう人も多いようですが、症状が出てもしっかりとケアをしていけば時期に症状が緩和されていく事もあります。

 

腹水の場合、体の外に水分を排出したからといって完璧に症状が治まるという訳ではありませんが、何度か処置を行う事で痛みや苦しさから解放される事ができるので、大切なのは症状を軽くするための適切な処置をしっかり行う事といえます。

 

腎臓や肝臓、膵臓と言った臓器が原因となって出る症状が腹水です。
腎臓などの疾患が原因の場合、長い間治療を行っているという人も多くなっていますが、大切なのは、元の病気を完治させる事のため、症状を少しでも和らげながらしっかりと治療を行う事が大切です。

スポンサーリンク