ネフローゼ症候群 腹水

ネフローゼ症候群と腹水の関係について

スポンサーリンク

腎不全で腎臓の機能が正常に働かなくなって腹水するのは知られているものの、ネフローゼ症候群で腹水でも同様のケースが引き起こされるのはあまり知られていません。
腹水は非常に厄介で適切な治療を行っていかないといけないといえます。

 

 

【症状に要注目】
腹水が溜まっているかどうかについては、みぞおちに痛みがある、お腹が張る、息が苦しいといった症状に注目した方が良いでしょう。
腹水が増加すれば、お腹の中の内臓や灰を圧迫しこれらの症状が表面化するようになります。
腎不全や肝臓の病気で見られる症状であるものの、ネフローゼ症候群の場合でも見られるのが事実です。
血管外に血液中の水分が浸み出るから起こる症状となります。

 

ネフローゼ症候群ではないと思っていたのが、実はネフローゼ症候群であったということは往々にしてあるものです。ネフローゼ症候群は生活を送る上で大きなネックになるのは間違いありません。
腹水ならではの症状が見られるのなら、ネフローゼ症候群もしっかり疑った方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【腹水と根本原因の治療】
腹水の治療法は多岐に渡っています。
利尿剤を使用して身体の水分を体外に排出させることや、腹腔内へ管を入れて直接吸引除去する水穿刺を行うことも可能です。

 

ただ、注意しないといけないのはあくまでも対処療法である点でしょう。
溜まらないようにするためには、根本原因を治療する必要があります。
これはネフローゼ症候群であった場合でも同様となります。

 

溜まることのないように根本原因の治療を行い、そして進行を遅らせるように食事療法や運動療法も大切になっていくのは間違いありません。
症状が表面化した場合は、様々な可能性について考えていかないといけないといえます。

 

ネフローゼ症候群と腹水は関係がある場合も確かにあります。
症状が表面化した場合は、しっかりネフローゼ症候群についても疑った方が良いでしょう。
その上で根本原因の治療を行っていかないといけない点を忘れてはいけません。

スポンサーリンク