腹水の鑑別 検査項目

事前に知っておくべき腹水の鑑別の検査項目

スポンサーリンク

お腹周りが大きくなった場合には、単に太ってしまったと思う方が大半です。
お腹周りをへこませるために運動や食事制限などのダイエットにチャレンジされる方も多いと思います。
しかし、お腹周りに張りを感じていたり、息苦しいと思っているのでしたら腹水という病気かも知れません。
そこでこちらのページでは、事前に知っておくべき腹水の鑑別の検査項目についての情報をご紹介します。

 

 

【腹水とは】
腹水の鑑別の検査項目を知る前に腹水とはどのような病気なのかを知る必要があります。
腹水は、体内のタンパク質を含んだ体液が外に飛び出してしまい。
血管内に戻す事ができなくなっている病気です。
簡単にいうとお腹に水が溜まってくるような状態になっておりますので、食事制限をしたり、運動をしてもお腹はへこみません。

 

スポンサーリンク

 

【事前に知っておくべき腹水の鑑別の検査項目】
腹水の鑑別は、腹部の膨張を触診したり、腹部超音波検査や腹部CT検査などの検査項目で確認されます。
そこで検査項目では、腹水を採取す方法が取れます。

 

この検査項目によって障害の原因や状態など腹水の鑑別ができるのが腹水検査になるのです。
生化学的検査としては、タンパク量や電解質の濃度、LDHなどが検査項目にあがります。
細菌培養の検査項目では、グラム陰性棹菌や結核菌などが培養され検査されます。
細胞検査は、腫瘍細胞の有無が調べられる他、腹水の鑑別によって白血球数が増加していることが確認されれば感染症や癌の可能性が考えられます。

 

 

【腹水の検査】
腹水の鑑別の検査項目は、腹水を比較的安全に採取できる左下腹部に注射をし腹水を採取します。
採取には注射器が使われます。
腹水を効果的に採取する事ができるように左下腹部に集まるように仰向けの状態で検査します。
局所麻酔した上で滅菌試験管に数本に分けて採取されます。

 

鑑別の検査はそれほど難しくありません。
受ける側としては、腹水を抜いてもらうことによって、症状をはっきりとさせてもらえますので、何度も検査しなくても良いといったメリットがあります。
しかし、症状によってはガンになっている可能性などもありますので、早目に検査するようにしてください。

スポンサーリンク