腹水 減らす方法 注意点

腹水を減らす方法と知っておくべき注意点

スポンサーリンク

腹水が貯まってしまうと、食道静脈瘤が破裂してしまい、消化器官から大量出血などが起こって死亡してしまう可能性があります。
その為、症状に合わせて減らす方法を選択し、注意点を確認した上で治療する必要があります。
そこでこちらのページでは、腹水を減らす方法と知っておくべき注意点の情報をご紹介します。

 

 

【食事制限】
減らす方法で最初に行うのは食事制限です。
塩分を過度に摂取してしまうと、体内の塩分濃度を減らすために水分を溜めこんでしまいますので、効果的に排出する為に、減塩メニューを徹底する事が重要になります。
注意点としましては、単に食べないと体調を崩してしまいますので、全く塩分を摂取しないのではなく、健康的な範囲にとどめる事が重要になります。

 

 

【利尿剤やアルブミンの静脈注射】
減らす方法で多く取られるのが、体外に水分を排出しやすい環境を作る事です。
利尿剤を服用することによってオシッコによる水分排出するのを促進させるのも効果的な方法になります。
アルブミンの静脈注射をする事によって血管の中の水分調節を促進させることもできます。
注意点としては、これらの腹水を減らす方法は、症状によっては利用できません。

 

スポンサーリンク

 

【腹水穿刺の注意点】
減らす方法で最も効果があるのが腹水穿刺です。
腹水穿刺は、溜まっている腹腔に直接針を刺して水を吸い出す方法になります。
注意点としては、かなり深く差し込みますので人体的なダメージが大きい事と、複水には栄養素がたっぷり含まれておりますので、それを一時排出してしまう事によって患者さんの体力が低下してしまう事です。
注意点は複数ありますが、効果も高いため進行しすぎて大量に溜まってした方にとっては腹水穿刺しか選択肢がないような状況です。

 

外科的なアプローチも重要ですが、大事なのは減らす方法の後です。
減らす方法を行った以前のような生活をしていたら、直ぐに溜まってしまいます。
食事制限をしたり、ビタミンやアミノ酸を積極的に摂取したり、禁酒や禁煙をしたりなど再度溜まらないように努力する必要があります。

スポンサーリンク