腹水のメカニズム 原因

腹水のメカニズムと腹水の原因

スポンサーリンク

腹水はお腹に水が溜まってしまう症状なのですが、どうして水がお腹にたまるか疑問に思う方は多いと思います。
そこでこちらのページでは、腹水のメカニズムと腹水の原因などの情報をご紹介します。

 

 

【腹水のメカニズム】
腹水が溜まるメカニズムは、大きく分けて非炎症性腹水タイプと炎症性腹水タイプの2つの腹水のメカニズムに分類する事ができます。
非炎症性腹水タイプは、アルブミン不足やであったり、静脈圧の上昇などが原因で、血管から水分がしみ出してしまうメカニズムになっております。
非炎症性腹水タイプのきっかけともなる病気は肝硬変やうっ血性心不全、栄養失調、ネフローゼ症候群などがあります。

 

炎症性腹水タイプの腹水のメカニズムの場合には、腹腔内にある臓器に炎症が起こることによって、血管の透過性が亢進し、血管から水分が滲出するメカニズムとなっております。
原因となる病気は複数あり、急性膵炎や細菌性腹膜炎、卵巣過剰刺激症候群、胃がん、肝がん膵がん、大腸がん、胆道がん、卵巣がん、子宮がんなどがあります。
根本的なメカニズムが異なりますので注意する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【原因となるメカニズムに合わせた対処療法】
腹水の治療法は、腹水のメカニズムと原因に合わせて行う対処療法がメインとなります。
基本的には、腹水の症状がでたら、その原因となる病気の治療を行うことによって治療するのがメインの対処法になります。
どの病気でも行う必要があるのが肝臓の保護です。
腹水のメカニズムでとても重要な肝臓を保護すると、腎血流量を増やせますので、腎機能をアップさせ尿の排出量を増やす事ができ、腹水を減らす事ができます。

 

腹水の原因は複数ありますが、腹水のメカニズムを知ることによって対処方法を確認する事ができます。
どの病気が原因であっても、塩分制限や水分制限は重要になります。
特に塩分制限は、体内に不必要な水を溜めこまなくても大丈夫な状態になりますし、肝臓を休ませる効果もありますので、腹水の治療には確実に必要なものになります。
腹水のメカニズムを参考に治療をおこないつつ、食生活の改善を行うようにしてください。

スポンサーリンク