腹水 溜まる理由 対処法

腹水が溜まる理由と対処法

スポンサーリンク

お腹に腹水が溜まってしまうと、単に洋服のお腹周りがきつくて着れなくなるだけではありません。
症状としては、息切れやすくなったり、吐き気や食欲不振、血行不良による冷え、体重の増加などの症状が出てきますので、なるべく早く治療を開始する必要があります。
そこでこちらのページでは、腹水が溜まる理由と対処法の情報をご紹介します。

 

 

【腹水が溜まる理由】
お腹に水が溜まる理由は色々とありますが、最も多いお腹に水が溜まる理由としては、他の病気の副作用が原因です。
特に腹膜炎や肝硬変、心臓病などが原因が溜まる理由として挙げられます。
また、近年では癌も溜まる理由のひとつとなっております。

 

 

【2種類の溜まる理由】
腹水には大きく分けて2種類の溜まる原因があります。
ひとつめは非炎症性腹水です。
このタイプは、炎症が原因ではなく、ルブミンの不足や腎臓での水分の排出の低下などが溜まる原因です。
二つ目は炎症性腹水です。
こちらは、先ほどとは逆で炎症が溜まる原因になっております。
症状は一緒でも溜まる原因が異なりますので、対処法のアプローチも変わって来ます。

 

スポンサーリンク

 

【一般的な腹水の対処法】
一般的な対処法は、身体を休ませる事です。
ベッドで安静にしながら利尿剤を使用したり、アルブミンなどを注射して、血管内の水分調整を行うなどの対処法が選ばれます。
また、同時に食事療法などによって、塩分制限や水分制限などが行われ、肝臓に負担をかけないように体力を回復するのが一般的な対処法になります。

 

【症状が進行してしまった場合には】
安静にしながら食事療法によって水分や塩分を調整する対処法は、水の量が少ない時にしか使用する事ができません。
大量に溜まっているような場合には、腹壁から針を刺し、水を吸引除去する腹水穿刺といった対処法が取られます。

 

腹水が溜まる理由となる病気を治療しつつ、肝臓を優しくいたわるのが効果的な治療法になります。
溜まっている水の量によっては選べない対処法もありますので、自覚症状があったら、なるべく早く検査し、正しい治療法を指導してもらってください。

スポンサーリンク