腹水がたまる原因 対処法

腹水がたまる原因や腹水の対処法

スポンサーリンク

腹水は胃や腸など覆っている腹腔の部分に水が溜まる疾患です。
見た目は単に肥満になってきてズボンが入らなくなってきただけに見えますが、症状はかなり重く、進行してしまうと命に係わる問題になってきますので早急に治療が必要になります。
そこでこちらのページでは、あまり知られていない腹水がたまる原因や腹水の対処法などの情報をご紹介します。

 

 

【腹水がたまる原因】
腹水がたまる原因を知らなければ対処法が理解しにくいと思いますので対処法を知る前に、腹水がたまる原因について詳しくご紹介します。
腹水がたまる原因は一つではありません。
最も多い原因が他の病気が原因による物です。
近年では、癌や腹膜炎、心疾患、肝硬変などが腹水がたまる原因として認識されております。

 

また、腹水がたまる原因は炎症性腹水と非炎症性腹水の2種類にカテゴライズすることができます。
非炎症性腹水は、炎症が腹水がたまる原因ではありません。
体内のルブミンという物質が不足してしまった結果、腎臓で水分の排出する力が足りなくなってしまって排出できなかった部分が溜まってしまうのです。
炎症性腹水の方は、その名の通り炎症が直接的な溜まる原因になります。
同じ腹水という症状ですが、アプローチが異なりますので、それぞれに合わせた対処法を選択する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【腹水の効果的な対処法】
腹水の効果的な対処法は、とにかく身体を休ませる事、特に腎臓を休ませる事です。
ベッドで安静にしながら腎臓の回復を待ち、体外に水分を排出さえる力を取り戻す事が一番の治療法になります。
ベッドで安静にしつつ利尿剤やアルブミン注射を行い体外に水分が排出しやすいように調整するのが一般的な対処法になります。

 

腹水が大量に溜まってしまうと、安静にしているだけのような対処法では対応できません。
その場合には、腹水を体外から注射で吸い取るような腹水穿刺という治療法が取られます。
腹水穿刺は非常に効果的な治療法になりますが、お腹に針を直接刺しますので、他の方法よりもリスクは当然ありますし、身体にダメージもあります。
できれば腹水穿刺以外の方法で対応できる範囲のうちに治療を開始するようにしてください。

スポンサーリンク