腹水のたまる症状 対処法

腹水のたまる症状やその対処法

スポンサーリンク

腹水が過度に腹腔の部分に貯まってしまうと、食道静脈瘤が破裂してしまう恐れがありますのでなるべく早く治療する必要があります。
そこでこちらのページでは、あまり腹水のことを知らないという方のために、腹水のたまる症状やその対処法などの情報をご紹介します。
腹水は、とにかく早期発見、早期治療がポイントになってきますので、気になる方は、ぜひチェックしてください。

 

 

【腹水のたまる症状】
腹水のたまる症状というのは色々な事が原因となっておこります。
腹水のたまる症状は、その原因によって非炎症性腹水タイプと炎症性腹水タイプの二つにカテゴライズされます。
非炎症性腹水タイプの腹水が溜まる症状の場合には、アルブミンという物質が不足する為に、本来でしたら尿として体外にでる部分が排出できずに体内に留まってしまったり、静脈圧が不必要に上昇してしまい血管から水分がしみ出してしまうために腹水のたまる症状が起こっております。

 

非炎症性腹水タイプの腹水のたまる症状は、ネフローゼ症候群やうっ血性心不全、栄養失調、肝硬変、胃がん、肝がん膵がん、大腸がん、急性膵炎、子宮がん、細菌性腹膜炎などの病気が原因で腹水のたまる症状が起こります。
炎症性腹水タイプの場合には、様々な病期によって腹腔内の臓器が炎症を起こし、血管から水分が滲出し水が溜まってしまっています。

 

スポンサーリンク

 

【腹水のたまる症状に合わせて対処法を行う】
腹水の症状は、正しい対処法を出来るかどうかで大きく変わって来ます。
病期が原因の場合には、まず病期を治療して症状を緩和させる対処法が選択されますし、非炎症性腹水タイプの腹水が溜まる症状の場合には、弱っている肝機能を取り戻すような対処法がメインになります。
対処法は、症状だけでなく原因を元に組み立てられますので、原因が複雑であればあるほど対処法は大変になって行きます。

 

治療法は、個人の体力や年齢によっても異なります。
ガンが原因の場合には、ガン治療の一環として腹水の対処法が選択されたりもします。
色々な対処法がありますが、症状が軽ければ軽いほど、人体にかかる影響力が少なくて済みますので、おかしいと思ったら早目に検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク