肝臓癌 初期 生存率

肝臓癌5年生存率と初期治療について

スポンサーリンク

肝臓癌は他の臓器からの転移性肝臓癌と転移せずにできた原発性の肝臓癌に分類されます。
このサイトでは、その5年生存率について紹介をしていきます。

 

 

【転移性と原発性】
転移性のものの予後が非常に悪く、その一方で原発性のそれは予後が良いという特徴があります。
肝臓の癌は非常に再発しやすい特徴があり、病巣を完全に切除したとしても、80%の方が3-5年の間に再発をしてしまうというデータがあります。

 

更には転移性肝臓癌の場合に大腸からの転移の場合には予後が良いという特徴がありますが、一方で、肺や膵臓からの転移の場合には手術不可能であることもしばしばです。

 

スポンサーリンク

 

【5年生存率】
肝臓癌の方の5年生存率は癌の進行状況によっても変わってきます。
初期段階である、ステージIでは50%となっていますが、初期段階から時間が経過してしまっているステージIIIやVIでは生存率が35%および5%となっています。
ですから、肝臓癌の治療を行うにはできるだけ初期状態からスタートすることが肝要です。

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていますので、肝臓癌の初期状態では、顕著な症状が現れてきませんので、それが原因で、日本人の癌の死亡する例の3位を占めるようになっています。
多くの場合において初期からある程度の時間が経った状態で肝臓癌が発見されますので、生存率が下がってしまうことになります。

 

更には、肝臓は生命維持をするのに必須の臓器ですので、全摘をすることができないということも、5年生存率を下げてしまう原因になっています。
定期的な健診を行い、初期の段階で肝臓癌を見つけて治療を行っていくことが必要です。
再発の可能性も考えて、治療後1年間は毎月検診を行った方が良いでしょう。

 

このサイトでは各種肝臓の癌の生存率について紹介をしてきました。
肝臓は生命を維持するために必須の臓器ですので、定期的にがん検診を行い、初期の段階で癌を見つけてその治療を開始することがお勧めです。

スポンサーリンク