肝臓癌による腹水 余命 関係

肝臓癌による腹水の余命と腹水との関係

スポンサーリンク

肝臓癌では、進行期や末期になると腹水の症状が現れる事があります。
この腹水の症状が現れると余命が残り少ないと言われております。
肝臓癌による腹水と余命が関係しているのという理由がわからない方もいらっしゃると思いますので、こちらのページでは、肝臓癌による腹水の余命と腹水との関係などの情報をご紹介します。

 

 

【肝臓癌による腹水がたまる関係性】
肝臓癌による腹水は肝臓癌の進行具合と関係しておりますので、当然余命とも深い関係があります。
肝臓癌による腹水の症状の原因でもっとも多いのは、血中のアルブミンが足りなくなってしまうからです。
肝臓癌により肝機能が低下するとアルブミンというタンパク質の一種が足りなくなります。

 

アルブミンは肝臓で作られている物質で血中の水分を一定に保つ役割があるのですが、これが十分に働かないために、体外に水分を排出する事ができなくなってしまうために腹水が溜まりやすくなてつぃまうのです。
また、肝臓癌による腹水は、肝臓癌が肝臓にある門脈という血管を圧迫する事も関係しております。
血中の水分の流れが門脈が圧迫されることによって邪魔されてしまい、腹水の吸収が悪くなり溜まってしまうのです。
肝臓癌による腹水はこのような関係があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌で腹水がたまるようになると】
肝臓癌は、癌の症状がどこまで進行しているかによっても余命が変わります。
肝臓癌による腹水は、進行期や末期に見られる症状となっておりますので、末期に見つかった時には余命はあまりありません。
特に肝臓癌の症状が末期になると腹水がかなりたまりますので余命はかなり少なくなっております。
また、大量の腹水がたまり他の臓器を圧迫するようになると苦しい症状が現れますが、このような状況は末期になりますので注意が必要になります。

 

肝臓癌は、治療をすれば余命を伸ばす事ができます。
腹水が大量に溜まってから治療をしたのであれば、余命を伸ばす事は難しいと言えます。
肝臓癌はとにかく早期発見、早期治療が一番ですので、早目に治療を開始するのが一番です。

スポンサーリンク