癌による腹水 むくみ 余命 関係

癌による腹水が原因のむくみと余命の関係

スポンサーリンク

2017年の10月現在の日本人の第一位の死因は癌です。
他の病気の治療法が確立されている関係で、完治させるのが難しいとされている癌の死亡率は高いままです。
進行状態によって余命が変わってくるのですが、癌による腹水が溜まっているような状況では、どれくらいの余命があるのでしょうか。
そこでこちらのページでは、癌による腹水が原因のむくみと余命の関係の情報をご紹介します。

 

 

【癌による腹水が原因】
癌は進行具合によって症状が異なります。
最初期の癌の場合には自覚症状があまりありませんが、末期の癌になると内臓などに癌性炎症の症状が見られます。
内臓が癌性炎症を起こすと、起こした部分から水分がもれはじめる為に癌による腹水が溜まっていきます。

 

 

【癌による腹水が原因のむくみ】
癌の中でも腹水に深く関係しているのが肝臓癌です。
肝臓癌になると肝臓で作られているアルブミンという物質が正常に作れなくなります。
この物質は、体内の血液中の水分の量を調整する役割がありますので、体外に規定の量を排出する事ができず、腹水やむくみと原因になります。

 

このアルブミンは、血管中の水分量を保ったり、余分な水分を血管の中にとり込む働きをしていますが、肝臓癌によって上手に働けなくなると、酷いむくみの症状が現れます。
むくみが酷いと自覚した時は、もしかしたら肝臓癌の可能性があるのです

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌で腹水がたまるようになると】
癌は進行具合によって余命が異なります。
癌による腹水の量が多ければ多いほど余命は少なくなっている状態です。
また、腹水の量が多いという事はむくみもひどくなっておりますので、むくみがひどい場合には、余命もすくなくなっているとも癒えます。

 

癌による腹水が原因のむくみと余命の関係は、癌症状によって異なります。
早期の癌でしたら、色々な自覚症状はありませんので関係ありませんが、末期になると、腹水やむくみの症状でおおよその進行具合が分かるなど関係してきますので、特に肝臓癌の方の場合には、その関係性にしっかりと注目するようにしてください。

スポンサーリンク