末期がんによる腹水 余命 関係

末期がんによる腹水と余命の関係

スポンサーリンク

末期がんになると様々な症状が現れます。
その一つに腹水があります。
腹水は、腹腔の部分に水がたまってしまう病気なのですが、末期がんによる腹水は他の腹水よりもたまりやすいといった関係があります。
そこでこちらのページでは、末期がんによる腹水と余命の関係の情報をご紹介します。

 

 

【末期がんによる腹水の症状と関係性】
末期がんによる腹水は、普通の腹水と違いかなり深刻です。
末期がんによって不必要な水を体外に出す事が出来なくなっていることが関係して溜まっておりますので、がんの進行具合によって溜まる水の量もかわってきます。
末期がんによる腹水は、進行していればいるほど量が多くなります。

 

進行しているという事は余命も少なくなってきますので、末期がんによる腹水の量と余命は深い関係があるという事になります。
特に肝臓がんの場合には、尿を外にだす働きに直結しておりますので、肝臓の働きが弱まれば、その分腹水が溜まる事になります。
肝臓が末期がんの状態になると腹水が多ければ多いほど余命が短くなっていると判断する事ができます。

 

スポンサーリンク

 

【末期がんによる腹水が溜まるメカニズム】
肝臓が末期がんの状態になると、健康な肝臓によって作られていたアルブミンというタンパク質が足りなくなってしまいます。
アルブミンは、血中の水分量を一定に保つ役割があり、アルブミンのお陰でむくみや腹水がたまらなくなっているのですが、末期がんなどが影響すると、必要な量のアルブミンを作る事ができなくなってしまいます。

 

アルブミンは末期がんになると少量しか作る事ができませんのでどんどんと腹水が溜まってしまいます。
アルブミンの量が少ないと余命も少なくなる関係がありますので、末期がんによる腹水の量で余命を判断する事ができるようになるのです。

 

末期がんによる腹水は、症状だけでなく、余命と直接的に関係していることになります。
余命を伸ばすためには、安静にしつつ肝機能をもどしたり、食生活を改善し減塩や水分量の調整などを行い、腹水をたまらないようにする事が必要になります。

スポンサーリンク