膵臓癌による腹水 余命 関係

膵臓癌による腹水と余命の関係

スポンサーリンク

膵臓癌が進行すると、様々な症状が現れます。
色々な症状の中でもお腹の中に水が溜まる腹水という症状は余命にも関わるかなり重い症状に分類されます。
健康な人でも少量の腹水は存在しますが、なぜ膵臓癌による腹水は何リットルもたまるのか疑問に思われる方もいらっしゃると思います。
そこでこちらのページでは、膵臓癌による腹水と余命の関係などの情報をご紹介します。

 

 

【膵臓癌による腹水の原因とは】
膵臓癌による腹水の原因は、炎症性タイプと非炎症性の両方の原因が考えられますので、しっかりと原因を追究してから治療に入る事になります。
膵臓癌が末期の状態に進行すると、内臓が癌性炎症を頻繁に起こすようになり、この炎症によって臓器や血管から水分が漏れ出してしまうようになり、腹水が溜まるようになります。

 

また、膵臓癌は、他の癌と比べて肝臓に転移しやいすタイプですので、肝臓の働きが弱まってしまい、アルブミンを十分な量を生成する事が出来なくなってしまう可能性があります。
アルブミン量が低下すると血液の浸透圧も合わせて低下してしまいますので、水分が血管外に漏出し腹水が溜まりやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

【膵臓癌による腹水と余命の関係】
膵臓癌による腹水の症状が現れるのは末期になります。
膵臓癌による腹水は末期のステージ4で見られる症状となっております。
また、膵臓癌のステージ4は遠隔転移も起こしておりますので、手術による治療ができない関係で余命はかなり短くなっております。

 

ステージ4aの5年生存率は11パーセント、ステージ4bの5年生存率は3パーセントとかなり余命がすくなくなっております。
その関係で、膵臓癌による腹水の症状がでたら余命は短いといえます。

 

膵臓癌による腹水の対処法は、あくまで対処法になりますので余命とは関係ありません。
腹水が直接的な死因とは関係がないためです。
腹水の原因が肝機能が低下していることが関係しているのであれば、アルブミン製剤を注射する事で改善する事が期待できますが、膵臓癌が末期の場合には、癌性炎症が関係している可能性がありますので、アルブミンを注射しても再発してしまう可能性が高くなります。
症状に合わせてコンスタントに対処していく必要があるのです。

スポンサーリンク