腹水の見分け方 注意点

腹水の見分け方と見分ける際の注意点

スポンサーリンク

お腹が急に出てきてしまった場合には、大半の方が食べ過ぎや飲みすぎなどによる肥満を疑ってしまうとおもいますが、実はお腹が急に出てきた原因は、肥満以外にもいろいろな原因が考えられます。
特に重大な病気の可能性もありますので本当に肥満なのか判断しなければ行けません。
そこでこちらのページでは、腹水の見分け方と見分ける際の注意点などの情報をご紹介します。

 

 

【肥満と腹水の見分け方と注意点】
肥満の場合には、皮下脂肪が溜まった事が原因でお腹がでています。
その為、腹筋に力を入れるとお腹をへこます事ができます。
他にも肥満が原因のお腹が出てしまった場合には、お腹だけでなくアゴや太もも、二の腕などの色々な場所にも脂肪がついてきますので、お腹だけでなく全体的な体型の変化がありますので判断しやすいと言えます。

 

腹水でお腹が出ている時には、腹筋を使ってもへこみません。
また、出てきたお腹を触ってみると、脂肪のように柔らかい感触はせずに、まるで小太鼓のように皮がピーンと張っている状態です。
その為、腹水の見分け方としては、触ってみた感触と、他の部位が太っているかなどによって判断する事ができます。
腹水の見分け方の注意点としては、症状が微妙な場合には腹水の見分け方は難しくなりますので、医師以外の素人が、正確な診断を下すことは不可能です。

 

スポンサーリンク

 

【むくみによる腹水の見分け方と注意点】
肥満と腹水の見分け方は、触る以外にも色々な方法があります。
特にわかりやすいのが手足など身体のどこかにむくみがあるかを確認してみてください。
手足のむくみは、単なる肥満では起こりませんので、腹水の見分け方として利用する事ができます。
腹水が原因のむくみはかなりひどくなっていて、むくんだ部位を指先で押してみると、引っ込んだまま元に戻らないほどむくんでいます。

 

腹水を見分ける際の注意点としては、軽視しすぎない事が一番の注意点となります。
特に女性の方の場合には、お腹が急に膨らんでも肥満が原因と決めつけてしまう傾向があります。
本来、体型の急速な変化は、重大な病気のサインとなっておりますので、もしかしたら病気かも知れないと疑う必要があるのです。
特に腹水は重要な病期が原因で起きている可能性がありますので、注意点を気にしながらセルフチェックしてみてください。

スポンサーリンク