腹水の原因 癌の関係

腹水の原因と癌の関係

スポンサーリンク

腹水の原因は様々ありますが、肝臓系の癌の関係が重要視され始めております。
特に腹水と末期癌の関係は、かなり重要視されておりますので、腹水の原因を調べる時には、しっかりと意識しておく必要があります。
そこでこちらのページでは、腹水の原因と癌の関係の情報をご紹介します。

 

 

【腹水の原因と肝臓癌の関係】
腹水の原因と癌の関係で最も重要なのは肝臓癌です。
腹水が溜まる要因として肝機能の低下があります。
肝臓では、体内の水分量を調整する役割のあるアルブミンを作っているのですが、肝臓癌の関係で作る量が少なくなってしまうと、体内の水分量を維持する事が出来ずに体内に残ってしまうのです。
この水分が腹水の原因となるのです。

 

 

【腹水の原因と末期癌】
腹水の原因が肝臓などの癌の関係がある事は有名ですが、腹水の量が癌の関係である事はあまり知られておりません。
肝臓癌は癌の進行具合によって、肝機能が低下していきます。
単純に末期癌になるほど肝機能が弱まっていく事になります。
肝機能の低下はそのまま腹水の原因に直結してきますので、腹水の量が多ければ多いほど、癌が進行していることに繋がってくるのです。

 

スポンサーリンク

 

【腹水を抜き取るリスク】
癌を完治させる事が難しいので、腹水は単体で対処していく必要があります。
腹水の対処法は症状に合わせて色々とあるのですが、癌の関係で腹水が溜まっているような場合には、量も相当なものですので、腹水ろ過濃縮再生静注法という治療法で対処していきます。
以前までは腹水を大量に抜く事は寿命を縮める結果に繋がるからと敬遠されてきましたが、最新の腹水ろ過濃縮再生静注法では、癌患者の方も体調が回復を見せるなど良い効果を実感している方が増えてきました。

 

腹水と癌は、単体ではなく、相互に関係しあっておりますので、両方の知識を増やす事がとても重要になります。
治療法や症状によって身体に受ける負担は異なりますが、症状に合わせた治療を行う事で、症状を軽減する事ができますし、余命を伸ばす事も可能になっておりますので、諦めずに治療を行って下さい。

スポンサーリンク