女性の腹水 原因 症状

女性の腹水の原因とその症状

スポンサーリンク

腹水は、本来なら体外に吐き出させる筈の水が、何らかのトラブルによってお腹周りに溜まってしまう疾患です。
肥満と間違いやすいために、早期発見が難しい病気ですが、重度の疾患が原因の可能性もありますので安易に考える事は危険です。
そこでこちらのページでは、女性の腹水の原因とその症状の情報をご紹介します。

 

 

【女性の腹水の原因】
腹水がたまる原因は複数ありますが、最も多い原因として考えられる病気は、アルコール性の肝硬変や肝炎といった症状も肝臓関連の疾患です。
大量のアルコールを日常的に摂取していると、肝臓の処理能力が低下してしまい、体内の水分量の調整が上手くいかなくなってしまったり、体液に関連するホルモンが正常に働かなくなることが原因で、腹水がたまってしまいます。
女性ならではの腹水の原因となるのは、やはり婦人科系の病気です。
これは、女性特有の子宮や卵巣とに水分は多量に含まれているためです。

 

スポンサーリンク

 

【女性の腹水の原因となる病気】
女性の腹水の原因となる病気は、卵巣がんがトップです。
卵巣がんは、比較的初期の頃から腹水が溜まりやすい症状ですので、早目に発見するケースもあります。
しかし、肥満と似たような症状ですので、卵巣がんであるといった自覚症状を持ちにくく、発見が遅れてしまうケースもあります。
特に若年層の場合には、がんの進行スピードがかなり速いので。
見つかった時には手遅れになりがちです。

 

他にも女性の腹水を注意する際には、子宮がんの癌細胞が腹膜へ転移した事によって癌性腹膜炎の症状が起こっていることも要注意です。
しかも、既に癌性腹膜炎の症状が出ているような場合には、末期的な症状といえます。

 

女性の腹水にならないためには、自己判断をせずに、早めに婦人科を受診する必要があります。
合わせて、女性の腹水以外の病気を早期発見するために、婦人科の検診を定期的に受けておくようにしてください。
腹水自体は直接的な死因には関係ないかも知れませんが、重病の症状の可能性は高くなっておりますので、早い段階で治療を行う事が重要になってくるのです。

スポンサーリンク