肝臓癌 転移先 対処法

肝臓癌の転移先とその対処法

スポンサーリンク

肝臓癌は再発の可能性の高い癌としてしられています。
他の臓器に転移することもあります。
このサイトでは転移先とその対処法について紹介していきます。

 

 

【肝臓癌の転移先と対処法】
肝臓の癌は原発性のものと転移性のものに分かれます。
しかしながらいずれの癌も転移の可能性を持っています。
なぜならば、肝臓は体の各臓器と血液のやり取りをしているからです。

 

肝臓の癌の転移先としては肺、骨、腎臓、副腎、胃、脾臓などが知られています。
肝臓の中で癌が転移することもあります。
しかしながら、他の臓器の癌の場合には非常に転移が起こりやすい部位であるリンパ節には転移が起こりにくいという特徴が肝臓癌の場合にはあります。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌の対処法】
肝臓癌が肝臓の中で転移した場合には切除手術が一般的です。
更にはエタノールやラジオ波で病巣を焼切る対処法も行われます。

 

肺が肝臓癌の転移先の場合には内視鏡を用いた手術あるいが化学療法が用いられます。
骨が転移先の場合には化学療法あるいは放射線治療が対処法として行われます。
科学両方を併用する場合もあります。
進行の度合によっては人工骨で置き換えることも行われます。
他の臓器に転移している場合には一般的には外科手術が行われ必要に応じて化学療法が併用されることになります。

 

転移先の臓器での治療が一度完結した場合も、再発の可能性を考えて、定期的な健診を受けることがお勧めです。
癌の状態が進んでしまうと、病気が治りにくくなりますので、出来る限り早期に発見をして、治療を行っていくことがお勧めです。

 

このサイトでは、肝臓癌の転移先とその対処法について紹介をしていきました。
肝臓癌の場合には自覚症状がなかなか出て来ませんので、検診などによって積極的にそれを見つけて治療を開始することが肝要です。
転移してからではなく、転移する前にその対処法を開始すると大きな治療効果が得られるようになります。
病状が進行してしまうと、それだけ5年生存率が低下してしまうことになります。

スポンサーリンク