腹水穿刺の副作用 注意点

腹水穿刺の副作用と注意点

スポンサーリンク

特に高齢の男性に多い膵臓癌は、50歳から70歳の方に多くみられる病気です。
色々な症状が現れたり、合併症を起こしたりと大変な病期なのですが、症状の中には、お腹に水が溜まる腹水という症状があり、とても大変な思いをされている方も大勢います。
そこでこちらのページでは、膵臓癌と腹水と余命の関係の情報をご紹介します。

 

 

【膵臓癌と腹水を一緒に考える理由】
膵臓癌と腹水は、一見すると全く関係ないと思われる方も多いのですが、治療の際には同時に考えておく必要があります。
膵臓癌による腹水が現れる状況は、膵臓癌が末期の状態になった時です。
膵臓癌が末期になると、内臓が癌性炎症をおこします。
この癌性炎症は臓器や血管に悪い影響を与えており、血管から水分を漏れさせてしまう症状になります。
また、余命の関係もありますので、膵臓癌と腹水は一緒に考えておく必要があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【腹水と余命の関係】
膵臓癌と腹水の症状が同時に現れるのは、膵臓癌が末期になった時です。
その為、膵臓癌と腹水は、余命と関係していることになります、膵臓癌と腹水の状況によって余命を推察する事ができるという事です。
膵臓癌と腹水の症状が見られるのは、膵臓癌末期のステージ4になります。

 

このステージ4という状態は遠隔転移も起こして手におえない状況の事が多く、余命の関係は短めになっております。
参考までにご紹介しますと、ステージ4aの状態での5年生存率は11パーセントしかなく、ステージ4bに至っては5年生存率は3パーセントとかなり余命が少なくなってきてしまっています。
膵臓癌と腹水の症状が現れたら余命の関係はかなり短いと断言する事ができます。

 

腹水の症状で注意しなければいけないのは、腹水が直接の死因ではないという事です。
その為、腹水と余命の関係は、症状的な関係はあっても、余命の長さとは関係しておりません。
単に腹水の量が余命の長さを計る上で参考になるという程度で、命に係わるような余命の関係ではありませんので間違えないようにしてください。

スポンサーリンク