悪性の膵臓癌 腹水 関係

悪性の膵臓癌と腹水の関係

スポンサーリンク

腹水穿刺は、お腹に溜まってしまった水を体外に抜き取って検査する為に使用したり、溜まりすぎてしまってどうにもならない腹水を体外に強制的に除去するときに使用される対処法です。
腹部の皮下脂肪に直接針を突き刺して腹水を採取するので、他の方法よりもリスクは高いと言えます。
そこでこちらのページでは、腹水穿刺の副作用と注意点の情報をご紹介します。

 

 

【腹水穿刺の注意点】
腹水穿刺にチャレンジする前にいくつか知っておいて欲しい注意点があります。
最も大事な注意点としては、腹水穿刺にチャレンジするのは緊急時のみという事です。
身体にダメージが残る事はもちろんの事、腹水穿刺の副作用が考えられますので、腹水が少量のような場合には、他の方法にチャレンジして、腹水穿刺を選ぶ必要がありません。

 

また、注意点としては、腹水穿刺を行っても再発の可能性が高いという事です。
腹水は、色々な病期が原因で症状が現れますので、元の病気を完治させなければ、再発しやすくなっております。
注意点としましては、腹水穿刺を行ったからと言って完治はしない事を理解しておくという事になります。

 

スポンサーリンク

 

【腹水穿刺の副作用と注意点】
腹水穿刺の副作用は複数あるのですが、特に危険を伴う腹水穿刺の副作用はショック症状です。
腹水穿刺の副作用の中でも特に危険なショック症状は、腹水を抜いた事によって、その部分の全身から血液がジ入り込もうとして生じる血管の広がりが原因で起こる全身の血圧の低下の症状です。
血圧の急な低下により、失神される方がいたり、命の危険がありますので簡単な治療法ではありません。

 

腹水穿刺の副作用の症状は他にもありますが、特に注意しておかなければいけないのが感染症です。
腹水穿刺の際に腹部に刺す針は、一般的な注射針よりも少し太めとなっておりますのでより感染リスクがたかまっております。
注意点としては、衛生面に気を使うのはもちろんの事、患部を消毒する際にも常に清潔にするように心がける事です。

スポンサーリンク