腹水の排出 余命の関係性

腹水の排出と余命の関係性

スポンサーリンク

悪性の膵臓癌になると、様々な自覚症状が現れます。
中でもお腹に水が溜まってしまう腹水は自覚症状が重くなっておりますので気付きやすい自覚症状になります。
しかし、膵臓とお腹に水が溜まる事がどのような関係になっているのかわからない方も多いと思いますので、こちらのページでは、悪性の膵臓癌と腹水の関係などの情報をご紹介します。

 

 

【膵臓癌との関係】
膵臓癌との関係は、腹水ができるタイミングにあります。
悪性の膵臓癌は、腹水以外にも沢山の症状が現れますが、その現れるタイミングがまちまちです。
腹水の場合には、悪性の膵臓癌が進行してしまって、手が付けられないような状況の時に症状として現れる関係があります。
基本的には、悪性の膵臓癌がステージ4になったタイミングで症状が現れる事になります。
その為、悪性の膵臓癌がどの程度進行しているのかを推察する事ができるといった関係があります。

 

スポンサーリンク

 

【膵臓癌から腹水の症状が起こる原因】
膵臓癌から腹水の症状が起こる原因は、膵臓癌によって内臓が炎症を起こしてしまい、内臓や血管から水があふれてしまい腹にたまってしまう炎症性が原因の場合と、悪性の膵臓癌によって、他の部位に癌細胞が肝臓に転移してしまい、肝機能障害が起きた結果、正しく尿を排出できなくなってしまい、排出するべき尿がお腹に溜まってしまうという原因が考えられます。
どちらのタイプが原因だったとしても、癌の進行具合に比例して腹に溜まる水の量は増えて行きます。

 

膵臓癌で腹水が溜まってしまったような場合には、癌の進行はかなり進んでいる状態ですので完治は難しいと言えます。
その為、お腹の水を抜いたとしても直ぐに溜まってしまう事になります。
水は原因が解決しない限り、再び溜まってしまう可能性が高くなっておりますので、全くたまらないようにするのではなく、溜まらないような生活習慣に移行する事が重要になります。
特に食生活の改善は、症状と密接な関係がありますので必須です。

スポンサーリンク