すい臓がん 腹水が溜まる 余命が少ない理由

すい臓がんで腹水が溜まると余命が少ない理由

スポンサーリンク

腹水は、様々な原因によってお腹に水が溜まってしまう症状です。
腹水単体の疾患ではなく、肝臓系の疾患やガンなどのひとつの症状として現れます。
その為、腹水のたまる場所や腹水の基本知識などを知っておくと、他の病気を素早く自覚する事ができるといったメリットがあります。
そこでこちらのページでは、腹水のたまる場所など腹水の基本知識をご紹介します。

 

 

【腹水のたまる場所】
最初に覚えておいて欲しい基本知識としては、腹水がたまる場所はどこなのかという事です。
腹水は肥満と間違えやすいと言われておりますが、腹水のたまる場所を理解しておけば、ある程度の見分けを付ける事ができます。
腹水がたまる場所は腹膜と呼ばれている所です。
腹膜は、大腸や胃など内臓をすっぽりと覆っている膜です。
つまり大腸や胃などの外側と腹膜の間に水が溜まっている症状が腹水になります。

 

 

【なぜ腹水のたまる場所がきまっているのか】
なぜ腹水がたまるのかというと、様々な病期によって、従来だったら体外に排出されるはずの水が排出されずにとどまってしまい、逃げ場のなくなった水が内臓からしみだして腹膜に溜まってしまうからです。

 

スポンサーリンク

 

【腹水のたまる場所は肝臓と関係がある】
腹水の基本知識として理解しておいて欲しいのが、腹水と肝臓の関係性です。
腹水の基本知識としては、肝臓系の疾患が腹水の直接的な原因である可能性が高いという事です。
肝臓は、尿を健康的に排出する働きがあるのですが、肝臓の調子が悪くなると、正常に体外に水分を排出する事ができなくなってしまいます。
その為、腹水が溜まりやすくなってしまうのです。

 

 

【腹水のたまる場所と腹水の基本知識】
一般的にはどなたでも腹水はあります。
これは内臓同士の滑りを良くし、相互が気付着けあわないようにするためなのですが、病気などによって急激に腹水が増えてお腹が膨れてしまうケースがあります。
その為、腹水の症状が現れたら何らかの病気の可能性を示唆し、早期発見に繋げることができます。

 

腹水のたまる場所は腹膜に限定されておりますが、腹膜に溜まる原因は色々とあります。
肝硬変や肝臓癌だけでなく、膵臓癌や婦人系の疾患なども原因となります。
いきなりそのような症状にあたった時に混乱しないように基本知識くらいは身に着けておくようにしてください。

スポンサーリンク