膵臓癌の症状 腹水 関係性

膵臓癌の症状と腹水の関係性

スポンサーリンク

すい臓がんは、色々な症状が現れる病気です。
特にすい臓がんは50才から70歳の男性が発病するケースが多いという事もあり、様々な場所に症状が現れます。
特に腹膜に水がたまってしまう腹水の症状は、末期の症状としてしられております。
そこでこちらのページでは、すい臓がんで腹水が溜まると余命が少ない理由の情報をご紹介します。

 

 

【すい臓がんで腹水が溜まると余命が少ない理由】
すい臓がんで腹水が溜まると余命が少ない理由で最も大きいのが、腹水が溜まるタイミングです。
がんは進行具合によってステージが分けられております。
ステージが早い方が症状が軽くなっておりますので命に別状はなく症状も軽めです。
ステージ4にもなると、自覚する症状もかなり重くなっており、余命も少なくなっております。
その為、すい臓がんで腹水が溜まると余命が少ない理由とされているのです。

 

スポンサーリンク

 

【すい臓がんで腹水が溜まる時の余命】
余命が少ない理由としてすい臓がんで腹水が溜まる事が有名ですが、どれくらいの余命なのかというと、溜まるタイミングがすい臓がん末期となっており、いわゆるステージ4です。
すい臓の場合のステージ4は、がんの中でもかなり重い部類にカテゴライズされ、遠隔転移を複数起こしている状態ですので、一般的ながんを切除する為の手術では手の施しようがない状態になっております。
ステージ4aのがんの場合には、5年生存率は11パーセント、ステージ4bの場合には、5年生存率は3パーセントとなっており、これが、腹水が溜まると余命が少ない理由の根拠となっております。

 

これ以外にも肝硬変や肝臓癌など色々な疾患が原因で腹水が溜まることがありますが、その疾患の種類によって余命は異なります。
がんの中でもすい臓のがんは特に余命が少ないと言われておりますので、余命が少ない理由として、腹水の症状を関連付けているのです。
最近では、腹水を上手に排出して状態を改善させる手法も出て来ておりますので、色々な治療法をし食べてください。

スポンサーリンク