腹水による呼吸困難 注意点

腹水による呼吸困難の症状の注意点

スポンサーリンク

膵臓癌の症状は、最初期の頃は自覚症状はありませんが、癌が進行していくにつれて徐々に症状が進んでいくと、いたる所に症状が現れてきます。
膵臓癌の症状として目立ちやすいのがお腹がぽっこりと膨らんでしまう腹水です。
一見関係性の無いように思われる膵臓とお腹の張りには深い関係性があります。
こちらのページでは、膵臓癌の症状と腹水の関係性についての情報をご紹介していきます。

 

 

【膵臓癌の症状として現れた腹水の影響力】
膵臓癌の症状として現れた腹水は、色々な悪影響を人体に与えます。
手足がむくんでしまったり、体重が増加したり、疲れやすくなったりといった症状の他に、おなかが張って苦しくなったり、食欲低下、呼吸困難などの日常生活に支障がでるレベルの症状があります。
特に癌患者さんは体力が必要になりますので、これらの症状は命取りになってしまいます。

 

 

【膵臓癌の症状と腹水の関係性】
膵臓癌の症状として腹水が現れるのは、ステージ4の末期状態の時です。
悪化してしまった膵臓癌が、癌性腹膜炎を起こした際に、腹腔内に癌細胞が散乱し、その部分が炎症を起こしてしまうのです。
癌性腹膜炎になると、炎症を起こしている部分から体液が漏れてしまい水が溜まりやすくなるといった関係性があります。

 

スポンサーリンク

 

【末期だからこそ】
膵臓癌の症状は、末期になればなるほど辛い症状が現れます。
腹水が末期になるとどんどんと増え始め臓器を圧迫し、臓器の働きを素h害したり、息苦しくなってしまいます。
胃も圧迫されてしまいますので、食欲が落ちてしまい体力が落ち込んでしまいます。
関係性があるからこそ正しい処置を行うことによって、余生を健やかに過ごす事が出来るのです。

 

以前までは、腹水を抜くと寿命が縮まるといった考え方が一般的でしたが、最新の医療では、寿命を逆に伸ばすような効果が期待できるようになって来ております。
関係性があるからといって諦めずに、癌とは別に考えしっかりと治療することによって、体力も付き癌への対抗力も増やす事が期待できます。

スポンサーリンク