腹水症状の経過 注意点

腹水症状の経過と注意点

スポンサーリンク

腹水は、何らかの原因で腹膜に水が溜まってしまう症状なのですが、しっかりと対策しておけば、大掛かりな治療をしなくても水を減らす事が出来るようになります。
そこでこちらのページでは、腹水の症状の種類とその対策の情報をご紹介します。
の症状の種類とその対策

 

 

【腹水の症状の種類】
実は腹水自体は、誰のお腹にもあるものなのです。
その為、少量であれば自覚症状は現れませんが、1リットルを超えたたりから自覚症状が現れてきます。
腹水の症状の種類の中で最初に自覚するのは、やはり見た目です。
1リットルの水がお腹に追加されているのですから当然見た目にも変化が現れます。

 

衣類がきつくなり、体重が増加するなどの症状が現れます。
腹水の症状の種類の中で次に現れるのは、腹部の膨満感や食欲不振です。
この食欲不振は、腹水に胃が圧迫されることによって起こる症状で、癌患者さんなどの場合には、体力がとても重要になりますので死活問題になります。

 

症状が悪化した後に現れる腹水の症状の種類としては、隔膜が下から圧迫されることによって起こる呼吸困難です。
また、呼吸困難と胃の圧迫の相互効果によって吐き気やめまいが起こるような症状も洗われます。
他の腹水の症状の種類で多いのが、血行不良や水分過多が原因の体の冷えや疲労感、倦怠感、手足の尋常ではないむくみの症状などがあります。

 

スポンサーリンク

 

【一般的な腹水の症状の種類の対策】
腹水は、腹水穿刺などで排出する事ができますが、リスク観ありますし、元の原因が完治しなければまた溜まってしまいますので、個人単位で対策する事が必要になります。
最も効果的な対策と言えるのが食事制限です。
特に塩分制限の対策は急務とも言える対策になっております。
余分な塩分が体内にあると塩分濃度を落とそうと思った体内は、水分を多く取り入れようとしてしまい、結果的に腹水を増やしてしまいます。
塩分を制限する対策ができれば、徐々に腹水を減らす事ができます。

 

おなじ食事療法として、カリウムを積極的に摂取する方法があります。
カリウムはスイカやバナナ、リンゴ、トマト、キャベツなどに豊富に含まれているので積極的に食べるようにしてください。
カリウムの利尿作用によいって腹水を効果的に減らす事ができます。

スポンサーリンク