腹水 婦人科での診断方法

腹水の婦人科での診断方法

スポンサーリンク

腹水は、膵臓癌や肝臓癌、肝硬変などによって起こる症状で、腹膜と呼ばれる部分に、排出されるべき水分がたまってしまう症状です。
腹水症状の経過によって、危険度が変わって来ますので、腹水症状の経過はしっかりと注意して観察する必要があります。
そこでこちらのページでは、腹水症状の経過と注意点などの情報をご紹介します。

 

 

【腹水症状の経過】
腹水症状の経過は、お腹に溜まっていく腹水の量に鵜よって異なります。
最初は自覚症状は全くありませんが、1リットルを超えた当たりから徐々に自覚症状が現れてきます。
最初はお腹の張りだけなのですが、徐々に腹水症状の経過していくと、胃や腸などの内臓を圧迫します。
その結果、食欲不振のような症状が現れたり、疲れやすくなったりといった症状が現れます。
更に腹水症状の経過すると、角膜が下から押し上げられて呼吸困難になってきます。
この頃になると常に疲れやすくなっていたり、息が上がりやすくなってしまいます。
更に腹水症状の経過すると、吐き気がでたり、手足が異常にむくんでしまったり、身体の冷えの症状が現れます。

 

スポンサーリンク

 

【腹水の治療の注意点】
腹水の治療に効果的な腹水穿刺は、注意点も沢山あります。
腹水穿刺は皮膚の上から、腹膜まで直接針を通す治療法です。
腹水はしっかりと抜けるのですが、内臓を傷つける可能性があるような注意点があったり、腹水が急に亡くなる事によってショック症状が起こるような注意点であったり、膵臓癌が原因の腹水の場合には、治療費が高いという注意点もあります。
他にも、感染症をおこしやすいといった注意点や、栄養失調を起こす可能性のあるような注意点もあります。
注意点は沢山ありますが、気を付けてさえいれば、的確に腹水を排出する事ができる方法です。

 

腹水の初期段階でしたら、腹水穿刺などを行わなくても十分に対応する事ができます。
特に食事制限をすることによって、体内の塩分濃度を低くする事が出来たり、免疫力のあがるような和食中心の食生活に戻す事ができれば、徐々に症状は改善して行きます。

スポンサーリンク