肝臓癌 モルヒネ 使用 余命

肝臓癌でモルヒネを使用した場合と余命

スポンサーリンク

肝臓癌には肝臓から発症した原発性肝癌と、他の臓器から肝臓に転移した転移性肝癌の2種類があります。
ステージは1から4期に分類され、それぞれのステージで余命は事なります。
治療法では主に抗がん剤や癌の摘出手術などを行い、痛みを伴う場合はモルヒネを使用します。

 

 

【肝臓癌の主な症状】
沈黙の臓器と呼ばれている肝臓は自覚症状があまり無く、症状が出た時にはかなり進行している場合もあります。
主な症状として、だるさや食欲不振、体重減少、便秘や下痢、黄疸、右上腹部の圧迫感や貧血などが挙げられます。
黄疸とは肝臓の代謝機能の低下により、白目の部分や顔、手足などが黄色くなる症状です。
だるさや食欲不振などは疲れている時なども起こり得る症状である為、軽視してしまう事も多いのではないでしょうか。
少しでも異変を感じたり思い当たる節がある場合は積極的に医師に診てもらいましょう。

 

 

【肝臓癌のステージ】
肝臓癌のステージは、癌の個数や大きさ、血管侵襲、リンパ節や他の臓器へ転移しているかなどで判断されます。
例えばステージ1の場合は、直径2p以下の癌が1個で血管浸潤していないものを言います。
ステージ3になると、リンパ節への転移が見られ、ステージ4では他の臓器や組織などにも転移が見られます。
ステージ4の末期の場合は、痛みを取り除く治療を優先的に行う為に、モルヒネなどが使用されます。

 

スポンサーリンク

 

【肝臓癌の治療方法】
肝臓癌の治療方法は、癌の個数や大きさ、肝障害度によって異なります。
超音波検査やCT検査など様々な検査を行い、肝臓や腫瘍の状態を確認します。
皮膚から直接腫瘍に針を刺して攻撃する経皮的マイクロ波凝固療法や腫瘍にラジオ波電極針を刺すラジオ波療法、その他肝動脈塞栓療法や動注化学療法などがあります。

 

また、末期の場合は7割の患者さんに痛みが現れると言われています。
その場合はモルヒネを使用して、少しでも痛みを取り除きます。
余命を伸ばす為の早期発見、早期治療を行う為には、人間ドッグなどで定期的に検査をする事をおすすめします。

 

 

【モルヒネを使用した場合の症状】
末期で治療法が無くなってしまった場合や余命宣告を受けた場合、もちろん個人差はありますが主に痛みや苦痛を和らげる治療を行います。
苦痛や痛みを取り除く為に主にモルヒネを使用しますが、モルヒネを使用すると意識混濁や幻聴幻覚などが起こる場合があります。

 

モルヒネの投与後の余命はあまり長くはないと言う事をよく聞きますが、実際の余命は数時間から6か月以上と大きな差があります。
モルヒネ投与後の余命は、患者の体力やその他の病状などにより大きく異なるのです。

 

肝臓癌は症状が出にくい為、余命を伸ばしたいのであれば早期発見する事が重要です。
治療する術が無くなると、主にモルヒネなどを使用して痛みなどを取り除く事が行われます。
身体に異変が無くても定期的に検診を受けるよう心掛けましょう。

スポンサーリンク