腹水を抜く時の痛み 原因 対処法

腹水を抜く時の痛みの原因と対処法

スポンサーリンク

女性の腹水やお腹の張りの原因は一つではありませんので、原因に合わせた治療が必要になりあす。
中には男性の50代から70代の方に多い膵臓癌が原因などの場合もありますので、女性の腹水やお腹の張りの原因は慎重に調査していく必要があります。
そこでこちらのページでは、女性の腹水やお腹の張りの原因と癌の関係などの情報をご紹介します。

 

 

【女性の腹水やお腹の張りの原因】
女性の腹水やお腹の張りの原因で多いのが、肝臓関係の疾患です。
特にアルコール性の疾患が原因の事が多くなっており、アルコール性の肝硬変や肝炎などは女性の腹水やお腹の張りの原因として多い病気となっております。

 

アルコールは、肝臓の処理能力を著しく下げる効果がありますので、腹水などのお腹の張りの原因になってしまうのです。
特に重度の肝炎や肝硬変になると、水分量を調整している肝臓の働きがかなり鈍ってしまいますので、腹膜に水が溜まりやすく、女性の腹水やお腹の張りの原因となってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

【女性の腹水の原因と癌の関係】
女性の腹水やお腹の張りは、実は癌の関係で起こっている可能性があります。
特に女性の腹水やお腹の張りの原因として多いのが卵巣がんです。
卵巣がんになると高確率で腹水の症状が現れますので、女性の腹水やお腹の張りの原因を調べている時には癌の関係も気を付けて検査をする必要があります。
卵巣がんは癌の関係の中でもかなり進行が早いので、気になったらなるべく早く病院で検査をする必要があります。

 

 

【癌の関係の場合には進行が早い】
癌の関係にも卵巣がん以外に膵臓癌や肝臓癌など他の癌の関係も原因の可能性があります。
いずれも年齢が若ければ若いほど進行が早くなっておりますので、気になる症状が現れたらなるべく早く検査を行うようにしてください。

 

女性の方は男性と比べて腹水が溜まりやすいと言われております。
男性よりも女性の方が肝機能が弱いというのが理由なのですが、同じような症状だったとしても、腹水のたまるスピードは全然違いますので、気になる症状が現れたら、早目に検査を行って下さい。

スポンサーリンク