膵臓癌の腹水 余命

膵臓癌の腹水と余命の関係

スポンサーリンク

腹水を抜く時の痛みは、腹水穿刺での痛みになります。
腹水は量がそこまで溜まっていなければ腹水穿刺ではなく、食事療法や利尿剤などで対応する事ができます。
しかし、重度の腹水の時には腹水穿刺によって腹水を抜かなければいけません。
こちらのページでは、腹水を抜く時の痛みの原因と対処法の情報をご紹介します。

 

 

【腹水を抜く時の痛みの原因】
腹水を抜く時の痛みの原因は、ズバリ針を刺す痛みです。
腹水穿刺は、皮膚の上面から臓器を覆っている腹膜の中にまで針を入れ、直接的に腹水を吸い取る方法になります。
その為、腹水穿刺は、腹水を抜く時の痛みの中ではとても大きい物になります。

 

 

【腹水穿刺での腹水を抜く時の痛みの原因】
とっても痛い腹水穿刺での腹水を抜く時の痛みの原因が怖い方も多いと思いますが、実際には腹水穿刺での腹水を抜く痛みよりも、終わった後の痛みの方が大きくなっております。
というのも腹水穿刺の時には腹水を抜く痛みが負担にならないように局部麻酔を痛みの対処法として取り入れていることが原因になります。

 

局部麻酔の対処法のお陰で腹水穿刺での腹水を抜く痛みは感じなくなっているのです。
逆に言えば腹水穿刺での腹水を抜く痛みは局部麻酔の痛みが原因による物となります。
局部麻酔の痛みの対処法は施されておりませんが、小さなお子様でも耐えられるレベルの痛みですので問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

【腹水を抜く時の痛みは腹膜を通る痛み】
腹水を抜く痛みの中で最も大きいのが腹膜を通る痛みです。
針を刺す痛みに関しては、局部麻酔の対処法が効いていますのであまり感じないのですが、腹膜に針が刺さる時には、どうしても多少の痛みがあります。
しかし決して耐えられない痛みではありませんし、チクッと一瞬だけですので問題ないと言えます。

 

腹水穿刺は、腹膜に針を刺す治療法ですので、多かれ少なかれ人体に影響を与えてしまいます。
その為、出来れば利尿剤であったり、塩分制限や水分量制限などの対処法で、腹水がたまらないように努力する必要があります。
それでもダメな時対処法として腹水穿刺を選択してください。

スポンサーリンク