肝臓癌 門脈浸潤 余命

肝臓癌の種類の一つ門脈浸潤の余命

スポンサーリンク

肝臓癌にも色んな種類の癌があります。
門脈浸潤とは肝臓癌の種類の一つですが聞いたことがあるという人は少ないと思います。
門脈浸潤とはどんな病気で治療法はあるのか、なってしまったら余命はどのくらいなのか、手術をする事で余命がどのくらい変わるのかについてお話しします。

 

 

【門脈浸潤とはどんな病気で余命はどのくらい・・?】
門脈浸潤と検索すると、門脈腫瘍栓と出てきます。
門脈腫瘍栓とは癌が門脈まで浸潤している状態のことを言います。
門脈浸潤とは具体的に小腸から肝臓に流れる血管のことを言い、門脈腫瘍栓が本管まで達してしまうと、非常に悪い状態になってしまいます。
外科切除したとしても余命は平均で半年とされています。
外科切除出来ない場合は余命はもって数ヶ月とも言われています。

 

 

【肝臓癌になってしまう原因は?】
肝臓癌になってしまうほとんどの原因はC型慢性ウイルスが関係しています。
日本の肝臓癌の約80%はC型慢性ウイルスが原因と言われています。
C型慢性ウイルスは血管を通して感染し、感染から約35年から40年程かけて慢性肝炎から肝硬変になり肝臓癌と進展します。

 

 

【治療法はあるの・・?】
高精度の放射線治療になります。
照射線量により5〜10回で行われ治療期間は1〜2週間程かかります。
体への負担も少なく外来で行える安全な治療法なので積極的に行われている治療法です。

 

スポンサーリンク

 

【照射線量の費用はどのくらいかかるの・・・?】
門脈浸潤の治療は保険適応になりますが、大きさによって値段が変わってきます。
2箇所目からは費用が2分の1になる病院もありますので、治療を受ける場合は病院に確認し受けることをオススメします。

 

 

【門脈浸潤の治療後に注意することは・・?】
肝臓癌は再発率がとても高い病気です。
早期発見することで早く治療することが出来ます。
定期的に診察をなので定期的に受診をし血液検査や超音波検査をする事が大切です。

 

門脈浸潤にかかってしまい発見が遅れてしまうと、腫瘍栓が本管まで達してしまい手術できても余命が半年ととても短く、手術できない場合は余命はもっと短くなってしまいます。
早期発見できるのは、何もなくても健康診断を毎年必ず受けることや、定期的に受診することで発見できます。

スポンサーリンク